上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オフの土曜日、北小浦の港内に入ってきました。

この港内は、おもに講習などに使っています。
お客様を連れてビーチを楽しむには、少々味気ないので、
仕事で使う機会は多くありません。
春から初夏にかけては、他では見られない小さなウミウシが湧くので、
機会を設けて、オフの楽しみにしています。

IMG_2125_convert_20160408115022.jpg

折しも春濁りの真っ盛り。
港内の大型褐藻は水面に達し、古代神殿の柱のようにそびえています。
底質はやや泥っぽく、夏にはウミヒルモの草原が出現するのですが、
現在はまったく見当たりません。
ウミヒルモは、17mよりも深場では、まれに数枚の葉が残っていることがあるのですが、
浅所では冬は消失するようです。

・カ・暦スス・キ・セ・懶セ€_convert_20160408115438

このような泥っぽい海底を好むキセワタガイが早速登場します。
カラスキセワタは、その名の通りカラスの濡れ羽色。

・カ・会スコ・キ・セ・懶セ€_convert_20160408115457

カノコキセワタは鹿の子模様が特徴です。
この2種は大きさや生息環境、発生時期が似通っています。

・ア・ス・橸スキ・ウ・撰スウ・シ_convert_20160408115521

アズキウミウシも、波の穏やかな泥っぽい環境ではよく見かけるようです。
ただし、そうでない外洋にも生息しています。

・ス・撰スソ・橸セ抵スキ・・セ奇セ€・橸スウ・撰スウ・シ_convert_20160408115731

砂の上をのそのそ移動中の小さな黒いウミウシ。
5mm程度でしょうか。こちらも見事なカラスの濡れ羽色です。
ずんぐりした体型、小さなエラなど、
全体の雰囲気はキヌハダウミウシの特徴を示しています。

南西諸島で知られているスミゾメキヌハダウミウシに非常によく似ています。
このウミウシは、驚くべきことに、
ハゼのエラを食料にしている偏食家で、
背中に乗っかっている姿も多く写真に収められています。
ハゼの住む穴から穴を移動しながら暮らしているのだとか。

スミゾメキヌハダウミウシは、比較的新しく認識された種のようなので、
佐渡に生息していても不思議はないように思います。
泥底を好むスジハゼなどの穴を渡り歩いているのでしょう。

今回は見かけませんでしたけど、これからゴールデンウィークにかけて、
モウミウシなども豊富に出現します。
スポンサーサイト
2016.01.29 クジラの恵み
冷たい冬の風が吹き抜けていく素浜海岸に、
ひっそりと横たわる黒い影。

繧ェ繧ヲ繧ョ繝上け繧ク繝ゥ_convert_20160203153922

オウギハクジラという小型のクジラで、
冬の日本海ではしばしば打ち上がるそうです。

繧ェ繧ヲ繧ョ繝上け繧ク繝ゥ・胆convert_20160203154505

成熟しても5mほどで、オスは特徴的な扇形の歯が飛び出しているそうですが、
この個体はメスのようです。

ニュースで流れる前に、ひと足早く弟から情報が入り、行って参りました。
海水浴場近くの、堂釜の海岸です。
これがもし100年前だったなら、
集落の人たちが大騒ぎして鯨肉を分け合ったのでしょうか。
そして小さな祠がひとつ、残りなどもしたのでしょうか。

旧畑野町・多田の弁天さんの鳥居の脇に、
白化した枯れ木のようなものが突き刺さっていて、
それはかつて漂着したクジラのヒゲだと聞いていました。
残念ながら、数年前に撤去されたようですが、
当時は大変なお祭り騒ぎだったのでしょう。

当のクジラにとってはどうでもいいことかもしれませんが、
そうして食べられるほうが、ただ埋められて廃棄されるより、
自然の摂理にかなっていたように思われます。

あけましておめでとうございます。
今年もまた、あたたかい1月です。まるで、もう春の気配すら漂っているような。

旧暦ではまだ12月に入ったばかり。
なかなか寒くならないのはそのせいとも聞きます。
これは師走なのだと思えば、まあ、こんなものかしら。

年明けからナマコ漁の仕事に追われています。
佐渡で行われている潜水漁のうち、最も高収入なのが、実はナマコなのです。
佐渡の潜水漁は、ほとんどが集落から業者への委託なのですが、
サザエはまず利益が出ません。
アワビは、価格が高沸する8月の中頃までに、それなりの量を水揚げできれば、
多少心穏やかなお盆を迎えられるでしょう。
ナマコは、ともするとひと冬でその倍は稼げます。

佐渡でナマコ漁の対象になるのは、マナマコという種類で、
これはその体表の色から赤と黒に大別され、価格もだいぶ違います。
アカナマコは表皮が柔らかく、生食向けに出荷され、年末に最も高値が付きますが、
正月をかわすと捨て値になります。
対するクロナマコは価格変動が少なく、乾燥して中国へ輸出されています。

アカナマコとクロナマコには、不完全ながらも住み分けがあり、
アカナマコが潮の通る岩礁域に多いのに対して、
クロナマコは泥っぽい漁港の内側などを好みます。
表皮の硬さは、漁の時に軍手でつかんだだけでもわかるくらいはっきりしているのですが、
不思議なことに、いざ食べ比べてみると、気になるほどの違いがないのは不思議です。
またクロナマコのうち褐色味が強いものは、アオナマコとして区別されることもあります。

東北地方ではクロナマコを「キンコ」と呼び、
まさにブラック・ダイヤモンドの名にふさわしい高値がつくと言われています。
逆に、関西ではアカナマコが「キンコ」と呼ばれるのだとか。
「キンコ」のキンは金、銀、銅の金、金のナマコという意味の地方名のようです。
地方名としての「キンコ」のほかに、正真正銘、キンコという和名のナマコもおりまして、
そのはらわたは、なんとウニの味がするのだとか。
確かにウニとナマコは、似ても似つかないけれども、
分類上は、比較的近い生物と言えます。

和名キンコは北方系の種で、佐渡では見たことがありません。
このナマコは、普通わたしたちが想像するナマコとは一風変わっていて、
口触手をイソギンチャクのように広げ、受け止めた有機物をこしとって食べています。
佐渡で見られる種でも、似た特徴を持つものがいます。

IMG_0268_convert_20160118145335.jpg

夢見るような美しいこのナマコは、しかしイシコという名を与えられています。
食用に適さないため、何の価値もない石ころ同然のナマコ、という意味なのです。
真野湾の転石の海底などには特に多く見られ、
あちらこちらで触手を広げているさまは、まるで白い花が咲いているようです。

佐渡ではナマコ類は夏には休眠状態に入り、
水温の下がる冬から春が活動期になります。
真冬の薄暗い海底で、かえりみられることなく、
うねりに合わせて揺られながら咲いているイシコは、歌を歌っているみたいだな。
ほら、イシコの歌が、聞こえてくるよ。

スカシカシパンをご存知ですか?
菓子パン。

菓子パン、というよりもビスケットのマリー。
生体はきれいなピンク色のトゲで覆われています。

IMG_0415_convert_20151009232311.jpg

カシパンは砂底に棲むウニの仲間です。
スカシカシパンは特に大型のウニで、写真の1マスは1cm四方です。

スカシカシパンを初めて見つけた時も驚きましたけど、
透かしの穴に棲むヒトデがいると知った時には、もっとびっくり。

そのときから何年も、かれこれ何十枚ものスカシカシパンをひっくり返して参りましたけど、
肝心のヒトデにはなかなか出会えません。

IMG_0082_convert_20151009230029.jpg

スカシカシパンは、砂底の表面に浅くもぐって移動しています。
わたしくらいになると、どこにスカシカシパンがいるか、一目瞭然。

IMG_0083_convert_20151009230106.jpg

ちょっと砂を払えば、ほらね。
この秋、ついに念願のヒトデにお目にかかることができました。

IMG_0055_convert_20151009230200.jpg

スカシカシパンの裏側に張り付いている小さなヒトデ、
ダキクモヒトデです。

繝€繧ュ繧ッ繝「繝偵ヨ繝㍉convert_20151009230526

何を抱いているかというと、大きなメスの腹側に、
小さなオスが抱きついているのです。
クモヒトデの中心に少し色の濃い部分があるように見えますけど、
それがオスです。

繝€繧ュ繧ッ繝「繝偵ヨ繝・・繝。繧ケ_convert_20151009230833

こちらはおひとりさま。
中心に口が見えるので、メスは背中でスカシカシパンに張り付いているのですね。

スカシカシパンに乗っかって、その穴で生きる道を選んだダキクモヒトデ。
究極にちっぽけな生き方の中に、海という無限の未知が凝縮されているようです。

2015.10.08 かますざます
今年はカマスの当たり年だそうです。

秋を告げる魚ですのに、今年は6月から噂にのぼりはじめ、
8月の上旬に平根崎に入ったときには、
何千という大群がダイビングボートの下で渦を巻いていました。

ごめんなさい。残念ながら写真はありません。
その月の末に、うっかりカメラを流してしまって、
まるまる2年分のデータが海のもくずに。

9月の中頃、ふらっと内海府に回り込んできたカマスさんの迷い子たちは、
15cmほどに成長していました。

IMG_0106_convert_20151009224729.jpg

ハンサムなフォルムです。
この魚はなんとなく外洋性が強い感じがします。

IMG_0107_convert_20151009224428.jpg

熱狂とは冷めやすいもの。
カマスフィーバーも、10月に入るとあっという間にひと段落。
秋はどんどん深まってゆきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。