上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 4月28日 12:30 二見元村 16.6℃

この時期の二見元村は、褐藻が水面まで達してガラモ場が発達しています。

IMG_0665_convert_20120521223520.jpg

赤味が強く見えるのは、すでに老成している証拠です。
冬には黒味が強かったのです。
足元まで褐藻に埋め尽くされているのは、波当たりの弱い二見ならでは。

IMG_0666_convert_20120521224049.jpg

波打ち際で長くたなびいているウミトラノオは、
秋口にはツクシのようにちんまりしていたのです。
冬の恩恵がここまで育てました。

IMG_0703_convert_20120521225404.jpg

水中は迷路! 全体としてまだよく直立しています。
枯死が始まると、巨大な褐藻たちはいっせいに倒れ始めます。
ほかの海域ほどではないのですけど、春濁りも幾分感じられます。

IMG_0689_convert_20120521224202.jpg

『ナガモ』の名で親しまれているアカモクです。
先の尖った実のような部分は、胞子が発生する生殖床です。
植物でいう蕾のようなもので、全草がすっかり成長を終える春先に伸び始めます。
すでに胞子は放出されたあとのようです。
当然ですけど、こうなるともう、商品価値はありません。
海に入らなくとも、ナガモの出がけから終盤にかけて、
生殖床がぐんぐん発達していく様子が、スーパーの鮮魚コーナーでも観察できます。

IMG_0711_convert_20120521225652.jpg

ガラモ場の草陰には、小魚がつきものですけど、
かなりの大物がひそんでいることも、しばしば。
この日はスズキ! 30cmくらいでしょうか。
さすがに堂々としていて、近付いても、ボラのように逃げ回ったりしません。
二見では、80cm級の大物が釣れることも、少なくないと聞いています。

IMG_0706_convert_20120521225522.jpg

この日はアマクサアメフラシを多く見かけました。
ウミウシって、よく砂の上を這い回ってますけど、
ザラザラした粒子の上を、スルスル移動できるのには、秘訣があって、
常に粘液を分泌しながら、その上を歩いているのだとか。

IMG_0713_convert_20120521225837.jpg

二見はスギモクが多いのですが、昨年の冬から、あまり生育がよくありません。
素浜のものと比較すると、その違いは一目瞭然です。
枯れてはいないようですけど、生殖枝は上がっていません。

IMG_0721_convert_20120521225947.jpg

ガラモ場の木陰は薄暗く、褐藻の生長期間を考えると、
かなり長期的に日光が遮られます。
不運にも日陰に入ってしまったアマモは、すっかり生育が制限されています。

IMG_0686_convert_20120521223941.jpg

こちらは日向のアマモ場。開花枝が上がっています。
水は冷たいですけど、アマモの花を見ると、夏気分が一気に盛り上がります。
栄養枝と呼ばれる葉だけのシュートは、これからぐんぐん生長します。

IMG_0683_convert_20120521223758.jpg

スゲアマモも花盛りです。こちらの開花枝のほうが、アマモより長く伸びています。
早い時期に発生する傾向があるのかもしれません。

IMG_0701_convert_20120521225259.jpg

アマモ群落の隙間には、コアマモ群落。

IMG_0682_convert_20120521223630.jpg

ウミヒルモは見当たりません。昨年大規模な群落が展開していた箇所にも、
何の痕跡も見出せません。
この南方系の海草は、冬季、二見では、少なくとも地上部は枯死するようです。
地下茎が残っているのか、あるいは種子から新たに発生するのか、
今後も観察を続けたいと思います。

IMG_0691_convert_20120521224303.jpg

二見元村のアマモの楽園は、2010年の秋に大規模な消失が起こって、
1度はほとんど更地になっています。
その状態を考えると、わずか1年半で驚くべき回復を遂げています。
二見の底力のようなものを感じないではいられません。

IMG_0723_convert_20120521230118.jpg

アマモの株元に、指が入りそうな大きな穴がいくつも開いていました。
中にはこんなふうに、首がついているものもあって、かなり精緻なつくりです。
周囲には同心円状に、細長いフンのようなものが散らばっています。
わたしの経験では、このような穴の住人は、
ウミケムシのような楽園の掃除屋たちです。

IMG_0693_convert_20120521224943.jpg

砂底に沈んだ魚の死骸に、たくさんの巻貝が群がっていました。
どれもいやに年季の入った貝殻ですね。これは巻貝そのものではなく、
お下がりに間借り中の、ヤドカリさんたちのお食事風景です。

2012.05.21 Broken Gold Ring
3ヶ月前から遮光レンズを買い込み、ちゃっかり希望休もとっていたわたくし。
朝はめっぽう弱くて二度寝が生き甲斐なのですけれど、
この日ばかりは勇敢に寝床を離れます。
窓を開けると、早くも初夏の熱風と共に、
軽やかなアカショウビンのさえずりが聞こえてきました。
全国的に日食を観測できる今日、佐渡は朝から快晴です。

日本海側では金環食までは至らないのですけれど、
90%以上が欠けるのは、2009年の皆既日食のときよりも割合が大きいのです。
あまりにメディアが騒ぎ立てるので、
かえって流行に乗りたくない気分にさせられてしまいませんか?
滅多にないことですし、そこのところはぐっとこらえて、空を仰いで世紀の瞬間を待ちます。

予報では、佐渡の食の入りは6時23分頃。
23分現在、まだ肉眼ではっきりとはわかりません。

IMG_1544_convert_20120521195623.jpg

24分、右上がぼんやり欠け始めたみたい。お分かりかしら。

IMG_1545_convert_20120521195317.jpg

その後6時31分から7時28分まで、5~10分ごとに撮影しています。
順調に欠けてゆきます。

IMG_1546_convert_20120521195835.jpgIMG_1547_convert_20120521200245.jpgIMG_1548_convert_20120521200503.jpg
IMG_1555_convert_20120521202236.jpgIMG_1557_convert_20120521203255.jpgIMG_1560_convert_20120521202511.jpg
IMG_1564_convert_20120521202601.jpgIMG_1565_convert_20120521203339.jpgIMG_1574_convert_20120521203421.jpg

これって、太陽が動いて欠けるのではなく、月が動いているのですよね。
高度が上がっていくので、どうしても太陽が動いているように錯覚してしまうのです。
ガリレオの時代に生きていたら、間違いなく、
天動説を支持するお馬鹿さんの一人だったであろうわたくし。

IMG_1577_convert_20120521203520.jpgIMG_1585_convert_20120521203749.jpgIMG_1587_convert_20120521203912.jpg

7時30分頃からは、三日月の状態が続きます。
Cが徐々にうつむいて、月の位置が下がっていくのがわかります。

IMG_1578_convert_20120521204137.jpg

あ、居候のあの子も、神妙な顔で見つめています。
幾分薄暗く、夕暮れのような日差しになりました。
起き抜けから汗ばむような陽気だったのに、急に肌寒くなったみたい。
小鳥たちは声を潜め、カエルが合唱しています。
時折、尺八のようなアオバトの声が響いてきて、神秘的な雰囲気。

IMG_1591_convert_20120521204455.jpg

食の最大は7時38分でした。細い!
ぎりぎり金環食にならない感じが惜しい。

IMG_1588_convert_20120521204321.jpg

あんなに欠けているのに、太陽はちゃあんと丸くてまぶしい。

IMG_1592_convert_20120521204821.jpgIMG_1595_convert_20120521205214.jpg

三日月の状態は45分頃まで続きました。静謐な時間が流れます。
Cはころんと寝転んで、今度は反対側に起き上がろうとしています。
太陽が再び満ち始めました。

IMG_1601_convert_20120521205253.jpgIMG_1603_convert_20120521205342.jpgIMG_1604_convert_20120521205543.jpg
IMG_1605_convert_20120521205816.jpgIMG_1606_convert_20120521205931.jpgIMG_1607_convert_20120521210134.jpg
IMG_1609_convert_20120521210224.jpgIMG_1610_convert_20120521210332.jpgIMG_1611_convert_20120521210458.jpg

食の終わりは9時4分。
何度見ても感動的ですけれど、終わってみれば、
何事もなかったかのような、いつも通りの夏の朝なのでした。

日本で観測できる次の大規模な日食は、2035年の9月2日です。
待ち遠しいなあ。
どうかそれまで健やかでありますように。
そうしてその日が、今日と同じように、
穏やかで満ち足りた、美しい1日でありますように。

今日で、閏三月も終わり。
真夏のような暑さも、数日ありましたけれど、この5月は、
例年になく肌寒い日が多かったように感じます。

閏月が入ると、その季節が長くなる、と言われています。
たっぷり楽しんだ、ひと月分長い春も、今日で終わり。
ほら、暦通りに、ちゃあんと気温が上がり始めました。

旧暦に沿って暮らしてみると、そのおおらかな包容力には、目を見張るばかり。
地球規模の気候変動のようなことは、よくわかりませんけど、
突発的な異常気象などというものは、多くは、
よく当たると評判の星占いが、
しばしば的外れな予言をするようなものなんじゃないかしら。

見る者の食欲を減退させる、ポンポンズイコ(イタドリ)の不気味ジャム
汚名をそそぐべく、改良を加えます。

なんといっても、あのミキサー食のような黄緑色がよくないのです。
オレンジジュースの代わりに、たっぷりのハイビスカス加えて、
ひたひたの水加減で煮詰めます。
花びらは食べられるので、そのまま混ぜ込んでしまいます。
ハイビスカスの深紅に染まって、見た目はかなり、ルバーブジャムに近付きました。

IMG_1735_convert_20120522083741.jpg

なんだか、もっと不気味!? 
やっぱりこのジャムは、あの個性的な BUKIMIDORI が持ち味みたい。

2012.05.18 海に降る雪
2012年 5月 2日 12:00 平沢海水浴場 16.0℃

アマモ場の開花状況を見に入ったのですが、
透明度はかなり低いです。

IMG_1052_convert_20120521211821.jpg

かろうじて、開花枝が上がっているのが確認できます。
アマモが黄色く見えるのは、全体に、
うっすらほこりを被ったように、ケイソウが付着しているからです。

IMG_1055_convert_20120521211957.jpg

大量に発生したケイソウのような植物プランクトンが、
懸濁物となって透明度を下げているのだろうと思います。

IMG_1060_convert_20120521212220.jpg

写真だとわかりにくいのですけど、目に見えるような粒子、
いわゆるマリンスノーが無数に浮遊しているのです。

IMG_1065_convert_20120521213256.jpg

透明度を除けば、全体としては、昨年と同様の印象を受けました。
石が入っているところでは、大型の褐藻がよく繁茂して水面に達しています。
水はとても冷たいのですが、ガラモ場の中だけはじんわりと温かくて、
流れを滞らせる、海藻の強い影響力を感じます。

IMG_1057_convert_20120521212111.jpg

砂浜にはクサフグはつきものですけど、これは少し大型のヒガンフグ。
温かい水がお気に召したよう。

IMG_1063_convert_20120521212538.jpg

浅瀬に小さなミルがたくさん生えています。苗かもしれません。
ミルは、かつてはワカメやコンブ同様、重要な海産物として食用にされていたとか。
苔っぽいマットな質感ですけど、どんなお味がするのかしら。

IMG_1064_convert_20120521214253.jpg

サンゴ藻の茂る潮間帯上部は、カヤモノリとフクロノリの独壇場です。
このような組み合わせは、比較的波当たりの弱い海岸に現れるようです。
外側で、たっぷり育っているガラモ場の効果でしょう。

IMG_1062_convert_20120521214124.jpg

フクロノリは、内部に空気を蓄えているのですが、こんなに浅い場所で生育するのに、
一体何のためなのか、さっぱり見当もつきません。
時々、よく発達したボール状の塊が、岩からはがれて波間に漂っているのを見かけます。
どうしてこんな生き方を選んでしまったのかしら。

最初の春に植えたシャクヤクが、年々株周りを大きくして、
ようやく花芽が上がるようになったのは、去年。

それで気付いたんですけど、まだ固い蕾のうちから、
何匹ものアリがうろうろと歩き回っています。

IMG_1553_convert_20120521194612.jpg

甘い蜜か何かを出して、アリをおびき寄せ、
他の虫の食害から、蕾を守らせているんでしょう。
アリは益虫とは言いがたい存在ですけど、一生懸命な姿が、
微笑ましくって、憎めない存在。

この蕾は、おいらちんもん。
そんなふうに宣言してるみたい。

IMG_1208_convert_20120520222457.jpg

5月10日には巣が完成して、
11日からは住んでます。

IMG_1279_convert_20120520222355.jpg

毎日見てたから知ってます。さぞかし鬱陶しいご近所さんでしょうね。
気のない振りして、じっとり見てます。
なのに、卵を温めている気配がない。
本当にまれにしか巣に戻ってなくて、
庭先の電線の上でのん気に歌っています。

去年もこんな感じでしたけど、いつの間にか、ちゃっかりヒナは生まれていました。
どうなってるのかなあ。。。
中が気になりますけど、下手に覗き込んで、
警戒した親鳥が巣を捨ててしまったら大変。
今しばらくは、我慢、我慢。

最近、歩いています、とにかく、一心不乱に。

IMG_1447_convert_20120520222917.jpg

わたしじゃありません。とことこ虫です。
両脇の草がぼうぼうに伸びた細い農道を、ただもう無心に横切ってゆきます。

可哀想に、車に轢かれて命を落とすものも少なくありません。
例年、初夏になると、かなりの数が出現しますけど、
大発生する年には、死骸で道路がまだら模様になるほど。

とことこ虫って、佐渡弁かしら?
もしかしたら、我が家固有の勝手な呼び名かもしれません。
通学路で嫌というほど遭遇しますから、なんでも名前を知りたがる子供のわたしが、
あの毛虫、何? と尋ねると、父も母も、口裏を合わせたように、
とことこ虫、と答えるので、その名を疑いもしなかったのでした。

IMG_1541_convert_20120520223039.jpg

小指ほどの大きさの、毛むくじゃらのイモムシは、ヒトリガの幼虫です。
毛の色は、黒から明るい茶色まで変異があるようです。
小さなものは見かけませんから、この決死の大横断は、
終令幼虫(さなぎになる直前の幼虫)が、さなぎになるために、
安全な場所を探しているのでしょう。
毛が長く、大きく見えるので嫌われますけど、毒はなく、
成虫は赤茶とオレンジの美しい色彩をしています。

わたしは全然平気で、素手でも触れます。
ふさふさしていて、ネコジャラシみたい。
でも、どんな毛虫でもそうなんですけど、けっこう脚の力が強いので、
手のひらで、もぞもぞする感触が、ちょっと気持ちワルイ。

とことこ、とは、厚着をして着膨れている状態を示す、
一種の擬態語だろうと思います。
佐渡のお年寄りたちはしばしば使っています。
あるいは、わき目もふらずに前進する姿を表現したのでしょうか。
いずれにしろ、あまりにもぴったりな命名なので、
見るたびに嬉しくなって、その名をつぶやきたくなってしまいます。

とことこ虫、とことこ、とことこ。
まばゆい夏へと、ひたむきに、まっしぐら。

2012.05.15 森の守り人
女一人のわび住まいを案じてか、時折思いがけない来客もあるものです。
今夜のお客様は、森の宝石、モリアオガエル。

IMG_1435_convert_20120518001054.jpg

ヤマアカガエル、アマガエルに続いて現れたけど、
1番のお寝坊さんなのかしら。


ついこの間まで、ヤマザクラがホログラムのように咲いていた山肌を、
ひと息に夏が駆け上がってゆきます。

IMG_1349_convert_20120517235709.jpg

妙見山の山頂には、新緑の青海波(せいがいは)が迫ります。

IMG_1371_convert_20120518001004.jpg

天野尚さんのお写真で、一躍脚光を浴びた妙見山のキャンプ場のヤマザクラは、
なんという種だったか、お詳しい方に、
何度か教えていただいたことがあるのに、すっかり失念してしまったのですけれど、
確か高山性のミネザクラだったのではないかと思います。
大佐度の稜線でちらほら見かける、背の低い遅咲きのサクラです。

IMG_1355_convert_20120518000018.jpg

肝心のお写真の、構図もろくに覚えておらず、
お恥ずかしい限りなのですけれど、それはそれは絵になる桜なのです。
この日も、何人もの愛好家たちに取り囲まれていました。
残雪と新緑の背景が、圧倒的な存在感を引き立てます。

IMG_1362_convert_20120518001559.jpg

花色は淡く繊細で、小ぶりな花は凛とした印象。

IMG_1357_convert_20120518000247.jpg

繰り返される豪雪の冬を経て、千々に引き裂かれた幹の姿から、
『千竜桜』なる名称で呼ばれることもあるとか。
近年までほとんど顧みられることなく、ただ泰然としてそこにあり続けた、
その歳月に敬意を表して、むしろ名のない桜のままでいさせたい。
そんなふうに思うのは、あまりにわがままがすぎるでしょうか。

IMG_1365_convert_20120518000636.jpg

樹下に咲くエフェメラルたちも、天衣無縫な自然の配置です。
小佐渡ではとっくに散ったカタクリやイチゲが花盛り。
イチゲは殊に青味が強く、夏空を映し込んだかのような色彩です。

ひねくれ者のわたしは、正直なところ、名木と呼ばれて、
広く世間に知られているような木には、さほど心惹かれないのですけれど、
このサクラのことは、母がとても気に入っておりました。

百姓仕事と、いつまでも自立しない子供たちの世話に追われて、
働きづめの短い生涯でした。
この小さな島の隅々まで、見飽きるほど出歩くという機会もなく、
佐渡の名所、名木など、たかが知れたものも少なくはないのに、
名の通った場所や、評判の木を、実際に見ることが出来たというだけで、
いつも子供のようにはしゃいで喜んだものでした。

死の前年、母とふたり、公民館の植物観察学級に参加して、
1年をかけて、島内のあちこちを見て回れたのは、奇跡のような偶然でした。
楽しい寄り道をしながら、スカイラインを登り、
正午近く、妙見山のキャンプ場で、この老木に出会いました。

先生のお話を、いかにも神妙に聞いていたのに、
サクラの名前までもすっかり忘れてしまいましたけれど、
母とふたり、昼食の後で、樹の下のカタクリのベッドに寝転んで、
束の間の眠りに就いたのだけは、とてもよく覚えているのです。

あれは風薫る五月でした。
その翌年、病院のベッドの上で、点滴につながれて過ごした5月とは、
なんという違いでしょう。
いま、母のいない5月にも、同じように咲いている桜、
わたしたちが生まれる以前から、そして死んだあともずっと、
変わらず、同じように咲き続ける、1本の名もない桜。

その木の下で目を閉じると、5月はただひたすらに美しい5月なのです。
うらうらとした陽気に照らされて、
ふとまぶたを開ければ、今も傍らに母がまどろんでいる。
そうであったなら、どんなによかったか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。