上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 8月15日 14:30 稲鯨 28.2℃

稲鯨の海岸沿いの、集落のはずれに、県外の車が何台か停まっていたんで、
ちょっとした海水浴場なのかと思って入ったら、
足元から一気に落ち込んで、水深はざっと、5-6mはあるようです。

IMG_5212_convert_20120919235034.jpg

こういう海を、夏の遊び場に出来る子供たちは幸運です。
もう随分以前、稲鯨にはサンゴがある、と聞いたことがあって、
ダイバーさんに確認したんですけど、あいまいな返答でした。
それっきり忘れていたのですけど、ふと、
そのサンゴって、もしかしたらヤギのことなんじゃないかと思って、
この海に入ってみる気になったのです。

IMG_5264_convert_20120920001026.jpg

海底から、山のような岩がいくつもそそりたっている地形です。
潮下帯はオオバモクに覆われています。
この褐藻は波当たりの強い場所を好み、相川などでよく見かけます。
その上部を群れている赤い小魚はチャガラです。

IMG_5225_convert_20120920000135.jpg

岩の隙間にはびっしり、イボニシの卵。
隙間という空間は、もちろん、目立たないという利点もありますけれど、
水が早く流れるという効果も期待できるので、
新鮮な海水が供給されるという点も、
選ばれる理由になっているんじゃないかと思います。

IMG_5257_convert_20120920000725.jpg

1cmほどのサガミミノウミウシです。
単純なサーモンピンクに見えますけど、ほんのり青味がかっていて、
複雑で神秘的な色彩です。

IMG_5252_convert_20120920000525.jpg

岩の表面が真っ赤に染まっているのは、石灰藻と呼ばれる紅藻の一種だと思います。
その上に根を這って広がっているのはオベリアの仲間。

IMG_5215_convert_20120919235517.jpg

あ、ありました。
ヤギは潮が通る場所を好むといわれているので、
山と山の間の、狭い通路になっている壁面で、
オーバーハングの岩陰を探したら、案の定。

IMG_5220_convert_20120919235827.jpg

ポリプは3分咲きです。
わたしが探せたのは、大人の手を広げたぐらいの大きさの、
この1株だけでした。
海中は比較的濁っていて、夏場の潮通しがイマイチなのと、
オーバーハングの少ない地形が、ヤギの生育には不向きなのかもしれません。

IMG_5221_convert_20120920000005.jpg

近くに、オウギウミヒドラも1株だけ。
ムツサンゴは探せませんでした。

IMG_5216_convert_20120919235628.jpg

大型のオオパンカイメンと、ビロード状で、鮮やかな緑色をしたカイメン。
ムツサンゴをのぞけば、構成要素は豊岡に似ています。

IMG_5218_convert_20120920000834.jpg

所々、表面がはがれたのか、何も生えていないむき出しの更地のような、
すベすべした岩肌が現れている箇所が見られました。
板状に割れやすい岩石の性質と、冬の荒波によるものではないかと思います。

2012年 8月15日 14:00 二見元村 29.8℃

IMG_5191_convert_20120919234324.jpg

透明度は低めですが、ガラモの夏のシュートが生えそろって、
海底はすっきり、こぎれいな展望です。

IMG_5196_convert_20120919234525.jpg

ウミヒルモもよく伸びて広がっています。
例年ですと、そろそろ開花期に入るはずです。

IMG_5201_convert_20120919234717.jpg

ウミヒルモの花はとっても小さいので、砂を払って確かめるのですが、
縦横無尽に走っている地下茎の様子がよくわかりますでしょ。
残念ながらまだ花は上がっていないようです。

IMG_5207_convert_20120919234922.jpg

今日、波打ち際を、のそりのそりと這い回っていたのは、ミドリアメフラシ。
暖かい海がお好みなのか、夏場によく見かけます。

2012年 8月11日 14:30 豊岡

国仲は薄曇りだったのが、山を越えて前浜に入ると、
かなり強い村雨が去っていくところでした。

海中は暗く、これは! と期待したのですけれど、
ヤギはいつにも増して開いておらず、がっくり。
暗いだけじゃダメみたい。
淡水が混じったのが、お気に召さなかったのかしら。

気を取り直して、そのほかの無脊椎動物を見ていきましょう。
まずは、愛らしいウミウシたち。
3cm程のシロウミウシが巨大に思えるほど、小さな小さなウミウシたちです。

IMG_5001_convert_20120911224409.jpg

岩の表面にべったりと張り付いているのは、海藻のハイミルです。
ここはオーバーハングの岩陰なのですが、所々にハイミルが生えています。
砂底の照り返しで、光合成を行っているのではないかと思います。
この写真の中に、2匹のヒラミルミドリガイが写っているのですけれど、
おわかりかしら。

ハイミルの右下に白い渦巻きがくっついているのは、卵塊です。
外海では、普通のミルの体上でもよく見かけるウミウシです。
別段平べったい体つきでもなく、
名称にある『ヒラミル』の由来がわからなかったのですが、
ハイミルを指しているのでしょうか。
ハイミルの上に暮らしているのは初めて見ました。

IMG_5065_convert_20120911225235.jpg

1cmくらいの、小さなウスイロウミウシ。
シロウミウシによく似ているのですけど、小さくて、
周縁が青味がかっているので、ウスイロウミウシだろうと思います。

あくまでもわたし個人の印象ですけど、
ウミウシの名前って、ウニやカニに比べると、センスがないと思いません?
なんだか愛が足りない感じがするのです。

IMG_5114_convert_20120911225503.jpg

今日もせっせと産卵中の、シラユキモドキの団体様。
モドキとか、ニセとか、ダマシ、って名前が付けられている生き物は、
いい迷惑でしょうね。
背中に、黄色い斑点が散らばっているものがいます。個体差でしょうか。

IMG_5137_convert_20120911225739.jpg

砂底をコモンウミウシがはっています。熱帯を思わせる鮮やかな色彩です。
補色の組み合わせが印象的に見えることを、自然は知っているのですね。

IMG_5178_convert_20120911230108.jpg

サラサウミウシは、ここでは比較的大型の部類に入ります。
とは言っても、シロウミウシと同程度でしょう。
正直なところ、ウミウシって、ほとんどのものは小さすぎて、腕前にもよりますけれど、
写真で見たほうが素敵に見える生き物のひとつだと思います。
ウミウシの写真て、あんまり好きになれないのは、そのせいかしら。
混沌とした、加茂湖の濁り水のほうが、よほど胸に響くのは、わたしだけかしら。

IMG_5061_convert_20120911224820.jpg

海が暗いときには、カメノテやフジツボの活動が活発です。
カメノテなどが、エサを集めるために操るつるあし(まん脚)と呼ばれる部位は、
エビの胸脚に当たる部位です。
カメノテやフジツボは、エビやカニと同じ、甲殻類なのです。

IMG_5098_convert_20120911225400.jpg

サンゴ藻やオベリアたちの葉陰で、水色の小花を咲かせているのは、
コケムシの一種でしょうか。
こういう名もない生き物たちの名前を知りたいと、常々思っているのですが、
手近な図鑑には載っておらず、このあたりが、ちょうど、素人の限界線かもしれません。
きっと、命名者の情愛が溢れるような、情熱的な名前があるのでしょうね。

IMG_5102_convert_20120911223533.jpg

今日、夕焼けは、どこか秋の気配です。

2012年 8月10日 12:00 豊岡 27.4℃

IMG_4974_convert_20120911234622.jpg

毎日のように入っていても、どのヤギがどういう条件で開いているのか、
規則性があるのか、単にその日の気分なのか、皆目見当がつきません。

IMG_5008_convert_20120911224539.jpg

ポリプの色味は、深い群青色か、
はかなげな空色の2パターンがあるようです。

IMG_5026_convert_20120911224707.jpg

同じように枝を伸ばす群体の、オウギウミヒドラのポリプとは、
細部の構造が違っていますね。
こうして比べてみると、別の仲間であることがよくわかります。

IMG_5106_convert_20120911232337.jpg

この不可思議なポリプたちの居城は、油粘土を練り上げたみたいな質感です。
枝の色調にも個性があります。

IMG_5174_convert_20120911232713.jpg

赤味が強いものも。
茶系のヤギは枝が細く、群青のポリプが開きます。

IMG_5107_convert_20120911232515.jpg

黄色のヤギは枝が太めで、全体の形状が整っています。ポリプは淡色です。
別の種類なのでしょうか。

IMG_5160_convert_20120911235042.jpg

ヤギの根元に目を凝らすと、小さな白いポリプが開いています。
これはヤギの赤ちゃんかしら。
それとも別の生き物のポリプかしら。

2012.08.15 砂を噛む日々
2012年 8月 9日 11:00 住吉海水浴場 30.8℃

以前から、一度入ってみたいと思っていた、住吉の新しい海水浴場へ。
堤防の手前は遠浅の砂底で、海草は見当たりません。

IMG_4940_convert_20120905075337.jpg

アマモの枯れ葉は随所に沈んでいます。
堤防の沖には群落が広がっているのでしょう。
一見、不毛地帯に見えますけど、
ゴカイのフン塚や棲管の点在する、豊かな海のようです。

IMG_4936_convert_20120905075206.jpg

水深30cmほどの砂底には、無数の小穴が空いています。
砂を払ってみると、不思議な生き物が現われました。

IMG_4949_convert_20120905075804.jpg

半透明の薄皮に、赤い斑点が散らばっています。
身体の中が透けて見えるのですが、
器官らしい器官はなく、びっしり砂が詰まっています。
左側の、カギ型の頭の方が口でしょうか。
ケーキを飾るときに使う、絞り口のようになっています。
この口から、砂を飲み込んで、
身体を通す間に有機物をこし取っているのだろうと思います。

IMG_4943_convert_20120905075705.jpg

こちらの個体は、腸詰みたいに途中がくびれています。
驚くと、身体をくびれさせるのが、この生き物の防御法みたい。
なんだか消極的。。。いかほどの効果があるのかしら。
ゴカイ類に似ていますが、体表にエラらしきものが見当たりませんので、
ホシムシの仲間ではないかと思います。

2012年 8月 8日 13:30 豊岡 27.4℃

IMG_4817_convert_20120905073742.jpg

今日もシラユキダマシがせっせと産卵しています。
ここにはこの種が本当に多いですね。

IMG_4822_convert_20120905073353.jpg

あれ? 今まで気付きませんでしたけど、
ムツサンゴのお花畑に、異質な花が1輪、混ざっていますね。

IMG_4832_convert_20120905073857.jpg

グビジンイソギンチャクです。片野尾で見たものよりも、ずっと大きい。
直径15cmくらい。初めて見たときには、
そうしてこんな派手な模様をしているのかと、訝しかったのですけれど、
茶色味の強い色調で、ちゃあんと岩肌に同化していました。

IMG_4834_convert_20120905073957.jpg

裏面は、乙女心を忘れない、青味のピンク。
触っても、ヨロイイソギンチャクなどのように丸まったりはせず、
かえって反り返り、ぎゅうっと岩肌に張り付く感じ。

IMG_4925_convert_20120905074147.jpg

こちらのカイメンからは、羽のようなものがちょろちょろ飛び出しています。
お馴染みのクモヒトデではなく、ウミシダの1種ではないでしょうか。
この岩陰に住み着いている、大型で蛍光色をまとったニッポンウミシダとは別物のように、
地味で小さなウミシダです。たくさん見かけました。
案外身近な生き物だったのですね。

IMG_4791_convert_20120905073243.jpg IMG_4797_convert_20120905074434.jpg

今日は潮が通っていて、上下層がしっかり混合されています。
ヤギもよく開いていますが、下部のものは閉じています。
ソフトコーラルというと、赤味の強い写真をよく見ますけど、
ここでは、青味のポリプや、ペンキを塗りたくったみたいな黄色が印象的です。

そのペンキ塗りたてのオブジェは、13:09には枯れ枝でした。 
ごく一部が開いています。淡い空色のポリプです。

IMG_4796_convert_20120905074336.jpg IMG_4795_convert_20120905074240.jpg

他を一巡して、13:24に戻ると、
鳥肌が立ったみたいに、表面にびっしり、ポリプの蕾が現れていました。

IMG_4836_convert_20120905074548.jpg IMG_4838_convert_20120905074922.jpg
 
13:35には、蕾が開いて満開に!

IMG_4873_convert_20120905075037.jpg IMG_4867_convert_20120905074756.jpg

ポリプが現れて開くまで、10分あまりかかりました。
鮮やかな黄色からは予想もしなかった、優しい可憐な花です。

IMG_4919_convert_20120905073524.jpg

ヤギやムツサンゴのポリプは、イソギンチャクに似ていますが、
指で触っても開きっぱなしで、
触れると途端に閉じてしまうような、素早い反射は見られませんでした。

IMG_4894_convert_20120905073631.jpg

こちらの立派なヤギは、残念ながら今日も開いていません。
強いオーバーハングの岩陰に根を張っているのですが、
海底に近く、砂底の反射でけっこう明るい場所です。
楽園の女主人が姿を現すには、まだ少し、夜が遠すぎるかしら。

2012年 8月 5日 11:30 二見元村 29.2℃

IMG_4751_convert_20120905070424.jpg

結実を終えたアマモは、栄養枝をぐんぐん伸ばして生育に専念します。
背が高くなり、よく茂っていますが、
相変わらず、全身を珪藻に覆われてしまっています。

IMG_4753_convert_20120905070610.jpg

ウミヒルモ、コアマモの群落は拡大中。
こちらの開花期はこれからです。

IMG_4758_convert_20120905070145.jpg

テトラポッドの外側には、イボニシたちの卵の花が咲いていました。
これは圧巻。サンゴ藻の隙間を埋めつくしています。

IMG_4768_convert_20120905070300.jpg

たてがみのような背びれを立て、こちらを威嚇しているのはコケギンポかしら。
ギンポの仲間は小さいのですけれど、愛嬌があって目を引きます。

IMG_4765_convert_20120905070820.jpg

このあたりではよく見かけるクロガヤは、生殖腺を包むコルビュラも真っ黒。
徹底したゴシック主義には感服。
コルビュラは枝が変化したものなので、当然といえば、当然なのですけれど。

IMG_4767_convert_20120905070936.jpg

よく見ると、ここでも、岩陰のカイメンからクモヒトデの脚がのぞいています。
この脚は、入りきらなくて出ているのではなく、
腕を振って食べ物を集める、というような、
ちゃんとした使い道があってはみ出しているようです。

2012年 8月 5日 10:00 大浦 28.4℃ 

この海の澄んだ青が忘れられずに、今日も来てしまいました。
ところが、どうしたことでしょう。
わずか1日のうちに、別天地かと目を疑うくらい、透明度が落ちていました。

IMG_4682_convert_20120905001929.jpg

常々、透明度だけが海の美しさではないと主張しているわたくしですけど、
やっぱり、ちょっぴり残念。
鏡のようだった水面を、細かな浮遊物が覆っています。

IMG_4744_convert_20120905002734.jpg

潮流の関係か、大量のプランクトンが吹き寄せられたのが原因みたい。
肉眼で確認できる大型のプランクトンも見られます。

IMG_4746_convert_20120905002823.jpg

最もよく見かけたのは、何かのクラゲの一部分、かしら。
10個くらい拾いましたけど、この部分だけ。

IMG_4750_convert_20120905002917.jpg

肉厚でしっかりした寒天質です。
ヒレのような形ですね。
一部のクラゲに見られる、泳鐘と呼ばれる部位かもしれません。

IMG_4703_convert_20120905002021.jpg

クシクラゲの仲間です。
ピンボケしてますけど、クシクラゲの体は限りなく透明で、
うまく撮るのは至難の業。ご容赦くださいませ。

IMG_4723_convert_20120905002334.jpg

はばたいているのは、同じ仲間のツノクラゲ。
このクラゲが羽を広げているのは、元気な証拠。
気分良さそうですね。

IMG_4740_convert_20120905002632.jpg

平べったいクシクラゲの仲間、オビクラゲです。
かなり小さめです。このクラゲ、
本当に帯のように、1m近くにまで成長すると言われています。

同一種のクラゲが大量に見られる場合は多いのですが、
今日は色々なクラゲがごちゃ混ぜになっています。

IMG_4712_convert_20120905002113.jpg

こちらはクシクラゲに似ていますけど、全く別のサルパという生き物です。
ホヤに近い一群で、無脊椎動物の中では、最も進化したグループに属しています。

IMG_4729_convert_20120905002421.jpg

水中に漂う白い粒子は、気泡ではなくプランクトンのようです。
なんとなく、脚のようなものが見えるんです。

IMG_5269_convert_20120905002232.jpg

40倍に拡大した姿が、これ。
ほら、脚があるでしょ。
何かの幼生かしら。

IMG_4730_convert_20120905002537.jpg

昨日は確かに錦だったアヤニシキは、今日は擦り切れた麻布のよう。
見る影もありません。
娑羅双樹の花のごとく、色あせた天女の衣のなんという儚さ。
海こそは、ひとときもとどまることなく移ろうものの、
最たるものですものね。

2012年 8月 4日 10:00 大浦 27.2℃

IMG_4649_convert_20120902092922.jpg

久々の相川方面です。透明度、高い!
夏の装いの褐藻たちは、黄金の輝きを放っています。

IMG_4621_convert_20120902091816.jpg

水中から見上げる水面は、磨きぬかれた金属のようになめらか。

IMG_4622_convert_20120902091918.jpg

どこまでもどこまでも澄んだ海。
沖合いの白い砂底に、さわやかな青がいっそう映えます。

IMG_4624_convert_20120902092036.jpg

その砂底は、モンブランケーキと水風船の不思議の王国。
正体は、タマシキゴカイのフンの山と卵嚢です。
それほど栄養分のなさそうな海ですけど、この光景を見る限り、
白い砂底にもそれなりの有機物が含まれているのでしょう。

IMG_4627_convert_20120902092206.jpg

ほこりが舞い上がっているように見えるのは、
懸濁物ではなく、小さな小さな魚の赤ちゃんでした。

IMG_4629_convert_20120902092350.jpg

ソロガヤと、産み付けられた何かの卵。
この卵、湾でも外海でも、最近とくによく見かけます。
ウミウシのものだろうと思うんですけど、
よくあるリボン状でなく、ひもを波打たせて固めたコサージュみたい。

IMG_4634_convert_20120902092448.jpg

日陰のオーバーハングにびっしり生えているのは、シロガヤ。
ムツサンゴなどは見当たりません。
同じ外海でも、豊岡とは随分趣が異なります。

IMG_4639_convert_20120902092652.jpg

あ、ちょっと時機を逸して、色が悪くなってますけど、
華麗なレースを広げた、夏の妖婦、アヤニシキ。『綾錦』ってことかしら。
妖艶な雰囲気の紅藻です。

IMG_4642_convert_20120902092806.jpg

幻想的な青紫と、技巧を凝らした透かし編み。
神の手仕事の粋を見る気がいたします。

2012年 8月 3日 14:30 二見元村 30.3℃

ついに30℃を越えました。こうなると、海の生き物にとっては過酷な状況です。
海水は黄色く濁り、アマモの葉上にはびっしりとケイ藻が積もっています。

IMG_4593_convert_20120902080428.jpg

晴天にもかかわらず、酸素の粒はほとんど上がってきません。
光合成が阻害されているのだと思います。

IMG_4598_convert_20120902091656.jpg

アマモ群落のヘリに、ウミヒルモ群落が、ちらほら点在しています。
どの群落も一気に地下茎を伸ばし、拡大しつつあるようです。

IMG_4594_convert_20120902081349.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。