上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年 7月23日 10:00 加茂湖・こごめの入り 24.5℃

忘れないうちに生き物調査の結果をまとめておきましょう。
今回は中等との共催で、デモンストレーション的な要素が強かったので、
地引網を引いた面積はいつもの1/3程度でした。

魚類は以下の通りです。

       マハゼ ・・・3
      ウロハゼ ・・・6
      スジハゼ ・・・1
      ヒイラギ ・・・1
   クロダイ(幼魚)・・・4
コノシロ sp.(幼魚)・・・40
        合計 ・・・55(匹)

IMG_0775_convert_20110723225321.jpgマハゼ

IMG_0780_convert_20110723225438.jpgウロハゼ

卵を持っているため、おなかが大きく膨らんでいます。
ハラビレが吸盤状に発達しているのはハゼ科の特徴です。

IMG_0782_convert_20110723225805.jpgスジハゼ

この写真はわかりにくいのですが、
側面にネオンブルーの斑点が筋状に並んでいます。

IMG_0774_convert_20110723225143.jpgヒイラギ

ナゼだか好きなんです、この魚。

IMG_0781_convert_20110723225627.jpgクロダイ

成魚は老け顔?ですが、幼魚はちゃんとカワイイ。

IMG_0783_convert_20110723225927.jpgコノシロ sp.

無脊椎動物は以下の通りです。

節足動物
    ヨシエビ sp.・・・25
  エビ(目大) sp.・・・1
ユビナガホンヤドカリ・・・8
      ヤゴ sp.・・・1
巻貝
       スガイ・・・1
      ウミニナ・・・173
    ホソウミニナ・・・61
ヒメケハダヒザラガイ・・・1
   ムシロガイ sp.・・・269
二枚貝
   アサリ(稚貝)・・・66
       マガキ・・・6
    ナミマガシワ・・・1

IMG_0787_convert_20110723230208.jpgウミニナ

IMG_0788_convert_20110723230345.jpgホソウミニナ

ウミニナの仲間は、干潟などの穏やかな泥の海を好みます。
このため全国的に生息域を減らしています。

ムシロガイは小さなものが多かったのですが、
今まではほとんど捕れなかったので、新しい収穫でした。
腐肉食ですから、①のシャコ同様、風が吹いたのと関係があるかもしれません。

参加者は主に中学生だったのですが、小さな魚たちは大人気でした。
特に男の子は、水槽の側から動きません。
どういうわけか、貝は嫌われ者で、若者たちから見捨てられていました。
女の子たちをけしかけけしかけ、ようやく拾い集めました。
以前小学生と調査をしたときには、男の子ですら泥に触れませんでしたから、
それに比べれば、なかなか立派です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/101-863db3a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。