上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年 8月 4日 11:30 椿尾海水浴場 28.6℃

IMG_7509_convert_20110807121250.jpg

日光の降り注ぐ海中が、緑色の層と、青色の層にはっきりとわかれています。
この神秘的な現象は、昨年の夏、
2010年8月6日の15:30頃、椿尾で見られました。

IMG_7508_convert_20110807121340.jpg

緑色の層は、植物プランクトンが大発生しているのです。
昨年は、長い梅雨のあと一気に気温が上がり、酷暑となりました。
潤沢な養分と太陽光を浴びた沿岸では、
植物プランクトンが爆発的に増殖したものと考えられます。
このようにはっきりと色分けして見えるのは、光の加減もあるでしょう。
ここまで鮮明ではありませんが、現状もこれに近い状態ではないかと思います。

IMG_1217_convert_20110807123037.jpg

透明度が下がり、海面付近に気泡が溜まっています。

この状態は、食物ピラミッドの最底辺が膨張している状態ですから、
いずれ動物プランクトンの異常発生という、次の段階へ進むと考えられます。
いわゆる赤潮の発生です。
ただし佐渡では、深刻な状況が発生するケースはまれだと思います。
昨年も、間もなく嵐がやってきて、海の中を撹拌すると透明度は回復しました。

IMG_1211_convert_20110807122545.jpg

椿尾の海の小石の下は、二見と雰囲気が似ていました。
ニホンクモヒトデ、バフンウニ、ヒザラガイなどが主な住人です。

IMG_1203_convert_20110807122336.jpg

これは小型で腕の長いクモヒトデです。
ゴマフクモヒトデかと思いますが自信はありません。

IMG_1214_convert_20110807122753.jpg

大きな岩の側面にへばりついていた、オレンジ色のカイメンのような生き物、
これはウミウシの仲間だと思います。
触角もエラも見当たらないのでヒラムシかと思ったのですが、
裏返すと、ちゃんと貝のような複雑な構造を持っています。

IMG_1216_convert_20110807122832.jpg

丸まってしまいましたが、外側は外套膜で、真ん中は腹足です。
たまたま、触角やエラがひっこんでしまっているのでしょう。
カイメンを食べるウミウシの中には、自らをカイメンに似せるものがあるのだそうです。

IMG_1221_convert_20110807123116.jpg

ここにも小さなイワシの群れが入っていました。
アンドンクラゲはちらほら見えますが、今年は非常に小さいのが特徴です。
雨が少ないのと関係あるかもしれません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/106-2733da0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。