上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二日ばかり、風が強かったので、海に入らずに過ごしています。
ここのところとり憑かれたように泳ぎ続けていたので、
ちょうどいい骨休めになったみたい。
相変わらず下界はむっとする暑さでしたけれど、
山の風はひんやりと涼しくて、そこはかとなく、秋の気配が漂っています。
大家さんが、この家では何もかもが暦通りと言っていたのを思い出します。
そういえば、もう立秋を過ぎたのですものね。

2011年 8月 9日 10:30 後尾 26.6℃

相川方面は夏にしか入らないのですが、
“影の神”に守られた後尾は、この時期どうしても入っておきたい特別な場所です。

IMG_1335_convert_20110813075429.jpg

こういう海中の様子は、ありふれているようでいて、他とは決定的に違っているのです。
上のほうに見えるのはエビアマモです。ここは河口近くなのですが、
海府の川は、渓流がそのまま海に注ぎ込むような具合になっています。

IMG_1363_convert_20110813080026.jpg

波が寄せては返す瀬戸際に、アユが群れをなして泳いでいます。

IMG_1364_convert_20110813080121.jpg

この日照り続きでも、大佐渡山系からの透明な水がとうとうと流れ込んでいました。
淡水の影響で水温は低めです。かなり強い濁りも感じられました。
少しばかり海岸線の凹んだ入り江のようになっているせいか、
細かい泥が海底に降り積もっているのも特徴的です。

IMG_1347_convert_20110813075605.jpg

一帯にもっとも多く繁茂しているこの海藻、アラメなんです。
こんなもったいぶった書き方をするのには理由があって、
佐渡の沿岸で見られるアラメの仲間は、ほとんどがツルアラメなのです。
わたしは他の場所ではアラメを見たことはありません。
漂着すら見たことがないのです。

IMG_1341_convert_20110813075518.jpg

この岩は、左側にアラメ、右側にツルアラメが生えているので、
違いがわかりやすいのではないかと思います。
太平洋側ではアラメが一般的です。ツルアラメは日本海固有種です。

IMG_1343_convert_20110813082055.jpg

わかりにくいのですが、ツルアラメは一枚の葉から茎が伸びていて、
根は岩の上をツル状に這っています。
(海藻にははっきりとした根、茎、葉の区別はないのですが、便宜上呼び分けています)

IMG_1360_convert_20110813075934.jpg

これに対してアラメは、何枚もの葉が茎の上部でひと束になり、
太い根でがっしりと岩にしがみついています。
相川はもともと、ツルアラメは多いところなのですが、
後尾ではほとんど見かけません。かわりにアラメが大繁殖しているのです。

IMG_1332_convert_20110813075032.jpg

たくさんの幼体が発生している岩もあります。
最初に気付いた数年前に比べて、アラメは殖えているように感じました。
アラメは日本海でも報告されていますから、生えていても不思議はないのですが、
どうして後尾で優先種となっているのかはわかりません。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/108-fc91820b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。