上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.24 名前のない橋
IMG_2523_convert_20111024225817.jpg

小倉川が国府川と合流するあたりに、辺茶橋という橋が架かっています。
これ、「べちゃばし」って読むんです。
その橋へ通ずる川沿いの道が、最近お気に入りコース。
滅多にひとの通らない、忘れられた小道のような道。

以前、両津の白瀬で、
農業用にだけ使われる丸木の橋を架けるお手伝いをしたことがあります。
(と言ってもわたしなどは、ただ呆然と見ているだけでしたが)
橋を架けるというのは、集落総出の大事業なんですね。
だから橋には必ず名前があるのです。
橋がなくなっても、橋という地名が残るのです。

辺茶橋にはどんな物語があるのかな。
聞きたくても誰もいない秋の午後です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/124-d4f80e17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。