上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.30 旅をする貝
10月は神様からの贈り物です。
例年、10月には強い風が吹いて、天気が良くても海は時化模様。
海に入れない日が続いて、やきもきするんです。
だから発想を変えて、
10月は、神様からの骨休め。
たまには海を忘れて、家でゆっくり冬支度。

わかってはいるけれど、そうすっぱりは割り切れない、
執念深いわたしは、10月の浜辺を歩きます。
波打ち際に、夢見るようなスミレ色の巻貝が転がっています。
これは旅をする貝、ルリガイです。

IMG_2598_convert_20111030214704.jpg

泡のいかだにしがみついて、暖流に乗って一生を送ります。
同じく暖流に暮らす紺青のクラゲが主食。
ヒドロ虫の仲間のギンカクラゲやカツオノカンムリです。
クラゲの触手の毒を体内に溜め込んでいると言われています。
触手のウルトラマリンブルーが、
ガラス細工のような繊細な貝殻を、薄もや色に染め上げるのです。
漂着が多いのは素浜です。

ルリガイの漂着のピークは10月ですが、必ずしも毎年は漂着しません。
主な食餌となるギンカクラゲの漂着がひとつの目安です。
クラゲがやって来る年には、ルリガイもそれを追って来るのです。

どうしたことでしょう。今年は風の静かな日が続いています。
おかげで、いつもは家で悶々と過ごす10月も海日和。
神様から取り戻した気分。
そのかわり、素浜にルリガイの漂着は見られませんでした。

ギンカクラゲの名前の由来は、中央の浮遊体が見事な円形になっているからです。
この盤部は、カニの甲羅などと同じキチン質で出来ています。
日の光を反射して、本物の銀貨みたい。
年によっては大量漂着するのですが、今年はごくわずかでした。
それも、例年なら記念硬貨くらいの大きさがあるのですが、
今年は1円玉くらいのサイズです。

IMG_2287_convert_20111030215910.jpg

これではルリガイもエサ不足でしょう。
アンドンクラゲも小さいままだったし、
ヒドロ虫クラゲには受難の年だったのかもしれません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/127-dbd8dbed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。