上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.23 Sea Spiders
2011年 8月26日 13:30 二見元村 27.4℃

クモガニの仲間は、甲の大きさが1cmに満たないものから、
巨大なズワイガニまでを含む、多様な種です。
三角形の甲羅と、長い手足が特徴です。

小さなクモガニの仲間は、
浅い海の岩陰や、藻の間にも暮らしています。
危険がいっぱいの海で、身を守る方法にも工夫があります。
最も普通に見かけるヨツハモガニは、その名の通り、
甲や脚に藻の切れ端を付着させています。

IMG_1774_convert_20111223214453.jpg

これは、甲羅だけの死骸ですけれど、新しいものだと思います。
頭に大きな2本の角(額棘)が見えます。
ツノガニの一種かと思いますが、はっきりわかりません。
ひっくり返してみると・・・

IMG_1775_convert_20111223214602.jpg

カイメンに覆いつくされています。
カイメンそのものにしか見えない。
このカモフラージュを見破るのは至難の業だなあ。

2011年 8月21日 11:00 二見元村 27.4℃

IMG_1511_convert_20111223214305.jpg

砂底に生えている海草はノトウミヒルモです。
1枚の葉の長さは2cmくらい。
その葉の付け根に、白い半透明のカニがいるの、わかりますか?

IMG_1537_convert_20111223214359.jpg

柔らかくて、へなへなで、透明。脚がとても長いです。
いちばん長い脚は、甲長の2倍くらいありますね。
しばらく観察してみたけど、主体的な動きはほとんどなくて、
残念ながら、脱皮したあとの抜け殻だったみたい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/167-e7cc9273
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。