上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      冬は、いみじうさむき。夏は、世に知らずあつき。
(冬はたいそう寒いのがよい。夏は、かつてないほど暑いのがよい)

                            『枕草子』


IMG_3737_convert_20120126191636.jpg

夏生まれは暑さに強く、冬生まれは寒さに強いと申します。
わたし、冬生まれのくせに、ものすごく寒がりで、
9月末には暖房器具を使い始めるんで、
家族にいつも白い目で見られています。
それが、冬本番に入って、0℃を下回るくらい寒くなると、
急にへっちゃらになってしまう。真冬ほど暑がりなんです。

そのせいで、困ったことに、
今日はまだ、どうってことない寒さだろうとたかをくくって、
しばしば水道を凍らせてしまう。
水って、人間の体感温度にかかわらず、
物理的に0℃を下回ると凍ってしまうんですよね。
その律儀さに驚くやら、感心するやら。

大家さんが手作りした家で、屋外のあちこちに配管が露出しています。
カバーが巻いてあるんだけど、寒さが厳しくなると役に立ちません。
最初の年には何度も凍らせてしまって、
やかんを片手に雪の中を走り回ったものでした。
ちょっぴりお利口になって、今夜は、と思う夜には、
水を細く流して眠るのですが、油断すると昼でも凍ってしまうんです。

今年はまだ、1度も凍っていません。
それだけ暖かいってことじゃないかしら。
面倒ですけれど、やっぱり多少は、不便を感じるくらいの厳しさがないと、
せっかくの冬が物足りないような心地がするんです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/192-21c6c015
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。