上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.30 Frozen Fall
IMG_3810_convert_20120131181555.jpg

今日は寒いけれど、空の晴れた、気持ちのよい冬の日です。
思い切って、岩谷口まで滝を見に行ってきました。
ここのところ、トイレの汚物が流れ出したり、
煙突が詰まって煙が逆流したり、久々に水道が凍ったりで、
ちょっとくさくさしてるんです。
こういうときには、気分転換が必要でしょ。

片道1時間半、ちょっとした小旅行です。
出不精のわたしにとっては、気軽に行ける距離ではありませんけれど、
出てきて正解でした。相川の冬の海はとても美しい。
荒れ狂う海は大量の空気をはらんで、明るいエメラルドグリーンです。

IMG_3802_convert_20120131181408.jpg

極寒の季節なのに、南国の海のように明るい。
うねる波や、砕け散る波頭や、
めまぐるしく流れる雲間から、差したりかざしたりする日の移ろいに、
刻々と変わる海の色も、すべてが見飽きない美しさです。

IMG_3814_convert_20120131181712.jpg

一周線は、相川の河岸段丘の下を走ってゆきます。
ふと見上げると、崖から染み出すわずかな水が、
連日の寒さですっかり凍り付いて、無数のつららが下がっています。

IMG_3840_convert_20120131181755.jpg

これは、期待できそう。
わたしは滝マニアではないのですが、
寒さで凍りついた滝の姿は、この時期ならではのもの。
10年ほど前の冬、偶然通りかかって見かけた、
岩谷口の五段の滝の姿を、ふと思い出したのです。

海洋性気候の佐渡では、水量の多い滝が、
完全に凍り付いてしまうほどの寒さにはなりません。
五段の滝も完全には凍りつきませんが、比較的落差が大きいこと、
水量がほどよく、潮風にさらされていて凍りやすいこと、
道路に面していて見やすいなどの、いくつかの好条件を兼ね備えていると思います。

冬の五段の滝です。

IMG_3817_convert_20120131181835.jpg

IMG_3818_convert_20120131181917.jpg

IMG_3819_convert_20120131182017.jpg

氷爆とまではいきませんが、左右に氷柱が発達しています。
氷はつららのように透き通ってはおらず、半透明で淡い水色をしています。
ずっしり積もった雪の一角を掘ると、太陽光を透過して、
青味がかって見えることがありますけれど、あの色です。

IMG_3821_convert_20120131182221.jpg

鍾乳石みたい。
石灰の純度が高いと、このつららみたいな、
白っぽい半透明の石筍が出来ることもあるとか。
子供の頃は、洞窟探険家になるのが夢でした。
今日はその夢が、ほんのちょっぴり叶った気分。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/202-d171d78b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。