上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、岩谷口からの帰路、真っ直ぐ帰るには惜しいので、
戸地の千仏堂に立ち寄りました。
観光地でもないのに、境内はとってもきれい。
地元の方々の信心の篤さがしのばれます。
海府人たちの殊勝な信仰心は、しばしば、国仲では話題に上るほど。

IMG_3839_convert_20120131182840.jpg

奥の崖を一気に流れ下る滝は、細いものですけれど、
時期によれば、それなりの水量があります。
この滝の名前、忘れてしまいましたけれど、バイパスから見上げると、
上のほうに長いつららが見えました。
近付いてみると、落ちてきている水は、わずかに岩肌を伝う程度。
それがかえって幸いして、素晴らしい氷の造形に出会えました。

IMG_3836_convert_20120131182558.jpg

岩肌のわずかな凹凸に、
水が溜まったり、跳ねたりで出来た、つららの連なり。

IMG_3837_convert_20120131182747.jpg

ここの氷は透明度が高いです。水の勢いが弱いので、
軒先のつららのように、ゆっくり滴りながら凍るからでしょうか。

IMG_3828_convert_20120131182332.jpg

滝つぼの水際まで、雪が積もっているのですけれど、
その雪のはじっこに、水晶のような氷のビーズ。

IMG_3831_convert_20120131182500.jpg

ガラス玉の中に、苔が閉じ込められています。
寒そうだな。岩の上の小さな小さな苔にとっても、
近くて遠い、待ち遠しい春です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/203-7798d3c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。