上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は朝から降り続いています。
今回の寒波で、お隣さんは3日も水が出なかったとか。
なんと言っても水は生命線なので、苦労されたようです。

時々、下界の方々から、今年の雪はどうですか、
などと聞かれるんですけれど、まあまあ、それなりですよ。
とお茶を濁してしまうことが多いのです。
うちの方もすごくて、道路が真っ白だった。
などと切り返されると、ますます返答に窮してしまう。
今年は、まだ庭のコンポストの位置がわかるくらいだから、
少ないほうですよ、とはとても言えない雰囲気です。

つまるところ、わたしがよくないのですけれど、
本音を言えば、山間地の雪や寒さというものは、
どんなに言葉を尽くしても、
下界しか知らないひとたちには想像できないだろうと思うのです。
下界暮らしが長かったわたしには、そのことがよくわかります。

この場所が、いわゆる豪雪地帯ではないのも、説明が難しい要因のひとつです。
今3mくらい積もってます、と言えたら、まあ、
それなりにすごさがわかるかもしれません。
実際には1mくらいです。ほぼ平年並み。
去年は1.5mくらいでしたけれど、
50cm違うだけで、真剣に山を降りようかと悩みました。
多くても数十cmの積雪しか知らない人に、
1mの雪に囲まれて暮らす苦労を伝えるのは、容易ではないと感じます。

この家に最初に入ったとき、大家さんから、
このあたりは冷涼な高原気候?なので、大玉のトマトは収穫できませんよ、
と告げられました。住んでみてなるほど、
下界との気温差を、これほど的確に表現した言葉はないと思って、
夏にはよくそのように説明します。
にわかには信じられないようで、かえって怪しまれ、
それって畑が悪いんじゃない?
となかなか信用してもらえません。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/208-9fbe28b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。