上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.12 思い出は何色
実家から運んだ薪の中に、冬眠中のシタバガの仲間が入っていました。

IMG_3774_convert_20120214233304.jpg

フクラスズメかな。上翅を開くと、澄んだ空色の文様が現れます。
この種類ばかり、何匹も入っていました。
北向きの斜面で、寒い家ですけれど、あのあたりがお気に入りみたい。
ふくら雀って、お祝い時の袋帯の結び方にもありますよね。
なんだか妙な取り合わせ。

IMG_1078_convert_20120211225548.jpg

夏に見かけたのは、やや大型のベニシタバ。
この濁りのない、韓紅(からくれない)はどこから生まれるのでしょう。
同じ時期、黄色い模様の入ったキシタバの一種も見かけました。
黄色というより、一足早く色付いた、柿の実の色に見えました。

IMG_4325_convert_20120306131932.jpg

どういうわけか、チョウよりも蛾の方が、わたし好みなんです。
あからさまでないのが、粋じゃないかしら。
シタバガって大好きなの、綺麗な翅が隠れているところが素敵じゃない。
この色もあの色も、よくそう言っていた母の思い出につながっています。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/219-77e58807
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。