上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またずうんと冷え込んで、細かい雪が降り続いています。
いよいよ最後の寒波かしら。
今年は本当によく冷えて、よく降って、わくわくするような冬でした。
こんなふうに言うと、なめくじでも見るような目で見られるんで、
あんまり大きな声では言えないんですけれど。

寒さの厳しい山の家では、昼も夜も、フリースを何枚も重着してしのいでいます。
静電気が悩ましいところですけれど、やっぱり暖かいし、
軽くて洗濯もラクなので、つい手が伸びてしまいます。
着古したフリースを膨れるほど着込んで、ちょっと人様にはお見せできない姿。
多少とて気になるときは、上から作業用のつなぎを着ています。

長岡で寮暮らしをしていた頃、越後の少女たちが、
何のてらいもなくはんちゃを部屋着にしているのを見て、
ほとんど衝撃を受けたのを覚えています。
佐渡っ子は見栄張りで、同世代の間では、
はんちゃなんか、恥ずかしゅうて、家でも着れんちゃ、
という雰囲気がありましたから。
豪雪地帯だけあって、しんしんと雪の降り続く長岡では、
肌のぴかぴかしたお風呂上りの女の子たちが、はんちゃを着ているのは、
いかにも似つかわしい感じで、素敵でした。

気になりながらも、結局、佐渡人の意地を通して、
はんちゃを着ずに長岡を去りましたけれど、
それというのも、最近のはんちゃって、服屋さんでも時々見かけますけど、
ピンと来るものがない。こんな服を毎夜着るかと思うと、
気が滅入るような子供っぽいチェック柄ばかり。

おばあちゃんが着込んで、かぴかぴになっているような昔のはんちゃには、
はっとするようなロマンティックな図柄が多い気がいたします。
はんちゃは実用品ですから、かつては、
着古した長着に綿を詰めて、再利用したんでしょうね。
道楽なんか出来る身分じゃないんですけれど、
リサイクルショップなんかに、まれにそういう古いはんちゃが出ていることがあって、
そういうときには、もう次に出会うことはないと思って、買い集めています。

IMG_4105_convert_20120218094745.jpg

ネットオークションで手に入れた、はんちゃととんちん。
右の矢絣は、はんちゃと言うより、
綿入れの羽織に近い感じで、わりといい生地を使ってるみたい。
とんちんはメリンスかしら。少し小さめなんですけど、裏地が素敵です。

IMG_4106_convert_20120218094835.jpg

嘘のように安価でしたけれど、着るのがもったいなくって。
それに、実際のところ、はんちゃやとんちんだと、前開きが寒くて、
厳冬期にはちょっと物足りない感じ。

IMG_4104_convert_20120218094347.jpg

その点、ねんねこは秀逸です。
団塊世代くらいまでだと、ひと目でねんねことわかるようですけど、
わたしたちの世代ではまず知りません。
昔の方は小柄なので、コート代わりにちょうどいいサイズです。
たたんであるのは絽のねんねこで、祖母から譲り受けました。
襟の辺りに、幼い日の父のよだれのあとまで残っているような、年季の入った代物です。
安物だと思いますけど、昔の図案と、絽の肌触りが素晴らしいので、
夏の初めに、タンクトップに羽織ってよく着ています。

IMG_4107_convert_20120218094922.jpg

上っ張りはさらに実用的です。ウールで一重に仕立てたものが多いようです。
綿入れは嬉しい一枚。別珍は和装の外出用のコートかしら。

IMG_4108_convert_20120218095018.jpg

二部式の着物の上だけを、上っ張りに転用することも出来ます。
ですけど、二部式の着物自体、あんまり出回っていませんから、
それももったいなくて、なかなか着られません。
習い事の関係で、時々着物を着る機会があるので、
そういうときのコート代わりに大切に着ています。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/223-2b865463
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。