上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春一番のご馳走野菜は、なんと言ってもあさつきです。
安価ではないんですけれど、地物野菜のコーナーに、
あさつきが並んでいると、ついつい手が伸びてしまいます。

雪が消えたばかりの、こごえた地面から、くじるように摘んだあさつきを、
しびてえ水で丹念に、丹念に泥を洗い落としてくれた農夫の苦労を思うと、
決して高すぎない価格ですけど、どっさり買い込む資金も勇気もない。
飽きるほどでなく、ほんの少し、心ばかりの春を味わう。
めぐり来る季節を知らせてくれる山菜は、ちょっぴり、
が案外ちょうどいいのかもしれません。

IMG_4318_convert_20120306131100.jpg

なんという瑞々しい白! これでもかなり奮発して買いました。
さっとゆがくと甘味が出て、酢味噌和えや胡麻和えが王道でしょうか。
わたしはよくチヂミにして食べます。

今年はようやく! 昨夏のニラキムチを食べ終わったので、
冬前に白菜キムチを漬けたときのヤンニョムの残りで、アサツキキムチを試します。

IMG_4327_convert_20120306132039.jpg

ざくざく切って塩を振り、2時間くらい置いておきます。
塩分は3~5%と言われていますが、あまり気にせず漬けています。

IMG_4328_convert_20120306132819.jpg

しんなりして甘味が増しています。心持ち水分を切って、
このままヤンニョムに混ぜ込みます。強く絞ったりはしません。
大好きなアサツキが多めの配合にしました。これなら、
炒飯や焼きうどんにして、炒めたときに、
あさつきの風味がぐっと増しておいしいでしょ。

IMG_4330_convert_20120306140025.jpg

いつもは漬けたそばから忘れて、
いつの間にか古漬けになってしまうのですが、
素材があさつきだけに、そわそわ浮き足立って、
3日目には封を開けてしまいました。
あさつきの辛味がきいていて、朝からというわけにはいきませんが、
ゆっくり過ごす休日のお昼なんかにぴったりの浅漬けです。

雪が解けゆくように、春が押し寄せてくるように、
このキムチの味も、次第、次第に深まっていくかしら。
これから、コゴメが生えそろって、次のキムチを漬けるまで、
キムチも春も、存分に楽しまなくっちゃ。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/244-5c8c91ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。