上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 3月18日 15:00 椿尾海水浴場

3月の佐渡は、冬を抜け出して、
うららかな日和が多いものなのですが、
今年はなかなか天候が安定しません。
水温も10℃を下回ったままです。

IMG_4509_convert_20120321093910.jpg

さすがにイワノリなどは姿を消して、春の海に特有の海藻が目立ちます。
波打ち際を覆っている緑藻は、
マットな質感が特徴のツヤナシシオグサです。
合間に見える小型の褐藻はカヤモノリでしょう。
細長い袋状の枝が、ところどころくびれたような形状になっているので、
すぐにそれとわかります。この時期の、
波に洗われる汀線付近では、この2種はよく見受けられます。

IMG_4507_convert_20120321093452.jpg

こちらは同じ汀線付近でも、タイドプールや、入り江の奥など、
波があまり寄せない環境です。
色味は似ていますが、全く別の海藻に覆われています。
緑色に光沢がありますよね。
こちらは、苛酷な環境にも適応できるアオサの一種、スジアオノリです。
褐藻はウミトラノオです。ホンダワラの仲間ですが、
波打ち際や浅いタイドプールなど、
他のホンダワラ類が生育できないような場所に出現する変り種です。

IMG_4508_convert_20120321093808.jpg

もう少し深い潮間帯上部には、
ソゾと呼ばれる紅藻の芽が生えそろっています。
これから5月ごろに向けて、すくすくと生長してゆきます。
春から初夏の潮間帯上部の優先種です。

エビアマモのことを忘れていました。
ここは、わたしが知る限りでは、最も浅瀬でエビアマモを確認できる場所です。
この海草は波が荒い環境を好むので、時化の時期は、
なかなか、じっくりと観察することが出来ません。

IMG_4502_convert_20120321092850.jpg

花芽はまだ出ていないようです。
数本抜いてみると、白い、新しい根が展開し始めています。
陸上の植物と同じならば、まず根が動き出すものです。
花穂が上がり始めるのは、まだ少し先かもしれません。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/264-968aa271
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。