上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
球根植物の素晴らしさを、思う存分楽しめるのは、
冬中雪に閉じ込められる日本海側ならではの特権です。
秋に様々な球根が出揃うころには、なんだかんだで出費がかさんで、
欲しいだけ買い込むわけにもゆきませんけど、
春になれば、やっぱり植えておいてよかったと思える球根たちです。

IMG_4520_convert_20120321094646.jpg

一番最初に蕾をふくらませるスノードロップ。
この花は本当に展開が速くて、そろそろ雪が解けだしたかな、
というころに、ようやく窓を開ける気分になって、
軒下をのぞき込むと、小さな電球が、もう首をもたげている。
ついこの間まで、すっかり雪に埋もれていたのに、
どうして春が来たって、わかるのかしら。

今は鉢植えにしていますけど、もちろん、地植えにしてもよいのです。
もう少し土が肥えてきたら、そうしたいと思っています。
冬芽のふくらみ始めた落葉樹の下で、ふと足元に目を落とすと、
落ち葉に埋もれて、小さな小さなスノードロップが咲いている。
そんな庭があこがれです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/266-8f9ea96b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。