上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の嵐は、普段目にすることのない深海を、
わたしたちの身近に引き寄せてくれます。

産卵のために、春、浅い海に移動してくる深海魚たちは、
あまり遊泳能力が高くありません。
ひとたび荒れ狂う波に飲まれてしまうと、
彼らにはもうなすすべがないのです。命がけの浮上です。

IMG_4713_convert_20120326231359.jpg

江積(えつみ)の波蝕台(はしょくだい)に打ち上げられていたのは、
何かの深海魚の一部かしら。ウミネコにつつかれていました。
平べったい身体ですね。サケガシラかしら。

IMG_4715_convert_20120326231450.jpg

表面のウロコ?の感じがちょっと違うようですけれど。
細かい水玉模様を、立体プリントしたみたいになっています。
サメ肌っぽいザラッとした手触りです。

小木半島で見かける漂着物は、
他の地域とは幾分、趣が異なるように感じられます。
浅い海では海藻が岩肌を覆っていますが、日の差さない暗い海では、
カイメンや、いわゆるソフトコーラルような、立体的な動物が優勢になります。
海藻に混じって、そのような動物体の破片が多く打ちあがるのです。

IMG_4717_convert_20120326231543.jpg

一帯に広がる広大な波蝕台の先端では、海が、
ひと息に10mも落ち込んでいると聞いたことがあります。
もともと、深い海と渚が隣り合っている地形なのでしょう。
この波蝕台は、江戸時代に小木を襲った大地震によって、
海中の台地が隆起したものであるといわれています。

IMG_4718_convert_20120326231631.jpg

大地の躍動を実感させてくれる、枕状溶岩の不思議な文様。
海底火山から噴出した溶岩が、急冷されて生じるのだとか。

小木は島の中でもとりわけ、異国のような不思議な雰囲気のあるところです。
とくに、観光客もまばらな、沢崎から井坪をめぐるぐるりの方が、
本来の姿をとどめているように思われます。

IMG_4719_convert_20120326231714.jpg

神子岩(みこいわ)の裾野に、片寄せあいながら、
ほんの数件が残るばかりの白木は、たらい舟発祥の地と伝えられています。
いつだったか、このあたりの老婦人が、
ここは人間の住むとこじゃあねえわさ、とつぶやいておられましたけど、
確かに大変なご苦労がおありだったでしょうけれど、
この絶景が、まるで当たり前のもののようにして過ごす子供時代は、
どんなに素晴らしい財産になることか。

IMG_4720_convert_20120326231810.jpg

勉強不足で詳しくは知らないのですけれど、
海岸段丘と波蝕台、そして神子岩が現れるこのあたりの地形は、
地質学的には大変興味深いもののようです。
そんな大げさな立て看板もなくて、ただ心地よい春の陽気があるだけ。

今ほど交通の便がよくなくて、滅多に来ませんでしたけど、
父親の磯釣りにつき合わされるようなときには、少女のわたしは、
一日中でもこの波蝕台の上で遊んでいられたものです。

IMG_4723_convert_20120326231849.jpg

神子岩の裏にウミウたちのねぐらが見えます。
黒い溶岩の岩肌が、フンで真っ白に染め上げられています。
鳥たちもそろそろ子育ての季節かしら。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/276-fd53e598
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。