上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
慣れない農作業を気張ったせいか、筋肉痛がひどくて歩くのも億劫。
寒かったのが災いして、風邪もひいてしまったみたい。
熱っぽかった昨日の夜は、薪ストーブにも火を入れて、
わさび茶漬けをがーっっとかきこんでさっさと寝たら、
たっぷり汗をかいてだいぶ楽になりました。

本当にここ数年、風邪を患ったことがなかったので、
昨年の秋にこじらせて、1ヶ月も海から遠のいたときには、
人間失格とまで思いつめたものでした。

季節の変わり目は、もともと得意でないのですけれど、
夜勤続きの不摂生がたたったのでしょう。
口内炎も痛みますし、治りがけが肝要ですから、
ここでしっかり滋養をつけたいところ。

山には少ないのですが、実家の畑が、ハコベ園ででもあるかのように、
一面、見事なハコベに覆われるので、これを利用しない手はありません。
栄養豊富で、かつては、乳出しに効くといって、
子を生んだばかりの母親に食べさせたとか。
伊藤邦男先生も、著書の中で、ハコベの青汁を大推薦していらっしゃいます。

IMG_5018_convert_20120409072218.jpg

摘んだ瞬間には、ぷうんと青草の香りが立つのですけれど、
えぐみもなく、いたって癖のない、食べやすい野草です。
火を通してもいいのですが、生のまま、
豆乳、バナナ、パイナップルジュースと一緒にミキサーにかけて、
スムージーにしていただきます。

IMG_5019_convert_20120409072406.jpg

お好みですりゴマを添えて。
もともと朝はあまり食欲がないので、甘酒を同量のトマトジュースで割ったものか、
こんな生野菜のスムージーで済ましてしまうことが多いのです。
土目にもよるのでしょうけど、我が家のハコベはかなりスジっぽくて、
飲むというより食べるジュース。ただ、小松菜なんかで作るよりは、
青臭さがなくて、かえって飲みやすいと感じています。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/285-cc559de0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。