上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
満開の桜にばかり、目が行きがちですけれど、
樹下には可憐なスミレが、ひっそりと咲き誇っています。

     かたまつて薄き光の菫かな
                   渡辺 水巴
      

IMG_0442_convert_20120424205238.jpg

どこにでもあって、大群落を形成しているのはタチツボスミレです。
丈夫な雑草みたいに見えるスミレですけど、たいていの品種は、
鉢植えにすると、数年ですっかり弱って消えてしまいます。
スミレは、わたしの経験では、典型的な移動する植物で、
地植えにするとうまくいくみたい。
特に、落ち葉でふかふかした傾斜地はお好みの様子。

IMG_0439_convert_20120424204747.jpg

こんなふうに、森へ至る薄暗い小道の脇に群がり咲いているのは、
ガーデナーには真似できない春の賜物です。

IMG_0444_convert_20120424205615.jpg

今日偶然見かけたのは、白いタチツボスミレの群落でした。
完全な純白でなくて、距(きょ)という花の後ろの部分が薄紫色で、優しい雰囲気。
乙女スミレなどとも呼ぶのだとか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/305-b3b7543f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。