上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソメイヨシノが終盤に入り、山桜の季節になりました。
現金なようですけど、ヤマザクラが咲き始めると、
はやる気持ちのまま、うっかりソメイヨシノを誉めてしまったことが、
我ながら無粋と思われ、かえすがえすも口惜しい。
やはりヤマザクラは格別の風情があるものです。

IMG_0656_convert_20120430230922.jpg

わたしひとりの、ひそやかな花見の楽しみとして、
しばしば訪れるのは初盛(はつもり)ダムです。
新保ダムのすぐ上流にある、巨大な砂防のようなダムです。

山にガスがかかっているような、花冷えの日に、
雨が止んで、幕が上がるみたいに、さあっと霧が晴れ、
ところどころのヤマザクラに彩られた山容が、次第次第にあらわれて、
深緑色の水面に、花影がぼんやりと映り込んでいる。
そんなお花見が理想ですけど、この日は快晴でした。

IMG_0642_convert_20120430230743.jpg

金北山の伏流水が、こんな素敵なせせらぎとなって、
そのままダムに流れ込んでいます。
過度な植樹は一切なく、自然の山肌が三方から迫ります。

IMG_0643_convert_20120430231110.jpg

桜って、写真に写すと、途端につまらないものになってしまう。
この景観の素晴らしさを、正確にお伝えできないのが、本当に残念です。

IMG_0638_convert_20120430230512.jpg

下草はエンゴサク。この大好きなエフェメラルは、
小佐渡ではまず見ないのですけど、大佐渡では、
人里から少し離れれば、どこにでも咲いています。
淡い神秘的なグラデーション。

IMG_0633_convert_20120430230413.jpg

どうして日本人は桜が好きなのかしら。
さくら、さくら。その名を呼ぶだけで胸が苦しくなるのに、
幾度繰り返しても言い足りないほど、いとしい。

     さくらさくらさくさくらちるさくら
                    種田 山頭火


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/309-b1584f9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。