上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.28 杏仁の誘惑
IMG_0980_convert_20120502025914.jpg

いっせいに木の芽が芽吹いて、山肌が複雑な萌黄色に染まっています。
日々刻々と移ろう濃淡を見ているだけで、
心の霧が晴れるような、華やいだ気分。

IMG_0912_convert_20120502025609.jpg

アンニンゴの蕾もふくらみ始めています。
ウワミズザクラ(上溝桜)が正式で、実際、サクラの仲間なのですが、
花姿はおよそサクラからはかけ離れています。
それに、あの強烈な杏仁の香りをかいでからは、
アンニンゴの名のほうがふさわしく思われ、つい、その名で呼んでしまいます。
幹の樹皮の感じだけは、なるほど、サクラによく似ています。

越後では、この蕾を塩漬けにして食べるとか。
口に含むと、えもいわれぬ芳香が広がって、究極の箸休めになるのだそうです。
いつも花が咲いてから、しまった、と気付いて、
蕾は収穫し損ねるのですけど、今年は試してみようかしら。
『越後の絶品』は、えてして佐渡人の口には合わないものですが、
アンニンゴ酒には感激しましたから、これは十分期待できそうです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/310-46b0fd27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。