上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.21 Broken Gold Ring
3ヶ月前から遮光レンズを買い込み、ちゃっかり希望休もとっていたわたくし。
朝はめっぽう弱くて二度寝が生き甲斐なのですけれど、
この日ばかりは勇敢に寝床を離れます。
窓を開けると、早くも初夏の熱風と共に、
軽やかなアカショウビンのさえずりが聞こえてきました。
全国的に日食を観測できる今日、佐渡は朝から快晴です。

日本海側では金環食までは至らないのですけれど、
90%以上が欠けるのは、2009年の皆既日食のときよりも割合が大きいのです。
あまりにメディアが騒ぎ立てるので、
かえって流行に乗りたくない気分にさせられてしまいませんか?
滅多にないことですし、そこのところはぐっとこらえて、空を仰いで世紀の瞬間を待ちます。

予報では、佐渡の食の入りは6時23分頃。
23分現在、まだ肉眼ではっきりとはわかりません。

IMG_1544_convert_20120521195623.jpg

24分、右上がぼんやり欠け始めたみたい。お分かりかしら。

IMG_1545_convert_20120521195317.jpg

その後6時31分から7時28分まで、5~10分ごとに撮影しています。
順調に欠けてゆきます。

IMG_1546_convert_20120521195835.jpgIMG_1547_convert_20120521200245.jpgIMG_1548_convert_20120521200503.jpg
IMG_1555_convert_20120521202236.jpgIMG_1557_convert_20120521203255.jpgIMG_1560_convert_20120521202511.jpg
IMG_1564_convert_20120521202601.jpgIMG_1565_convert_20120521203339.jpgIMG_1574_convert_20120521203421.jpg

これって、太陽が動いて欠けるのではなく、月が動いているのですよね。
高度が上がっていくので、どうしても太陽が動いているように錯覚してしまうのです。
ガリレオの時代に生きていたら、間違いなく、
天動説を支持するお馬鹿さんの一人だったであろうわたくし。

IMG_1577_convert_20120521203520.jpgIMG_1585_convert_20120521203749.jpgIMG_1587_convert_20120521203912.jpg

7時30分頃からは、三日月の状態が続きます。
Cが徐々にうつむいて、月の位置が下がっていくのがわかります。

IMG_1578_convert_20120521204137.jpg

あ、居候のあの子も、神妙な顔で見つめています。
幾分薄暗く、夕暮れのような日差しになりました。
起き抜けから汗ばむような陽気だったのに、急に肌寒くなったみたい。
小鳥たちは声を潜め、カエルが合唱しています。
時折、尺八のようなアオバトの声が響いてきて、神秘的な雰囲気。

IMG_1591_convert_20120521204455.jpg

食の最大は7時38分でした。細い!
ぎりぎり金環食にならない感じが惜しい。

IMG_1588_convert_20120521204321.jpg

あんなに欠けているのに、太陽はちゃあんと丸くてまぶしい。

IMG_1592_convert_20120521204821.jpgIMG_1595_convert_20120521205214.jpg

三日月の状態は45分頃まで続きました。静謐な時間が流れます。
Cはころんと寝転んで、今度は反対側に起き上がろうとしています。
太陽が再び満ち始めました。

IMG_1601_convert_20120521205253.jpgIMG_1603_convert_20120521205342.jpgIMG_1604_convert_20120521205543.jpg
IMG_1605_convert_20120521205816.jpgIMG_1606_convert_20120521205931.jpgIMG_1607_convert_20120521210134.jpg
IMG_1609_convert_20120521210224.jpgIMG_1610_convert_20120521210332.jpgIMG_1611_convert_20120521210458.jpg

食の終わりは9時4分。
何度見ても感動的ですけれど、終わってみれば、
何事もなかったかのような、いつも通りの夏の朝なのでした。

日本で観測できる次の大規模な日食は、2035年の9月2日です。
待ち遠しいなあ。
どうかそれまで健やかでありますように。
そうしてその日が、今日と同じように、
穏やかで満ち足りた、美しい1日でありますように。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/338-48ef7bef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。