上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 5月20日 9:00~11:00 加茂湖・こごめの入り 21.0℃

続いて、泥の中の生き物調査の結果です。
調査地点は第9回以降ほぼ同地点としています。

① なし

② ウミニナ ・・・2
  ソトオリガイ(稚貝)・・・1
  ユウシオガイ ・・・1

③ ホソウミニナ ・・・1
  ホトトギス ・・・1
  ユウシオガイ ・・・1
  イワムシ sp.・・・1
  環形動物 sp.・・・4

④ ホソウミニナ ・・・4
  ウミニナ ・・・4
  オオノガイ ・・・2
  ヒメシラトリ ・・・2
  ユウシオガイ ・・・5
  オトオリガイ(稚貝)・・・13
  環形動物 sp.・・・4

2011年には、順調に増加傾向にあったアサリは、
今年に入ってほとんど採取出来ていません。
移動能力は高くないはずなので、他へ泳ぎ去ったとは考えにくいと思います。

IMG_1490_convert_20120531020756.jpg

今回多く見られたのはソトオリガイの稚貝です。
泥底に生息する代表的な二枚貝のひとつで、生息環境は悪くはなっていないと思います。

昨年、多数のアサリの稚貝が発生していたのは、
カキ殻をまいて底質を固くした①~②の地点でした。
他方、底質に手を加えていない④地点は、生物種、個体数ともに、
多くはないのですが、変動も少ないようです。
 
  
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/345-bf59d6c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。