上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 6月 8日 14:00 多田海水浴場 20.4℃

梅雨入りが近付いてきました。
こうなると、梅雨までにどこに入っておくべきか、いつも心が乱れます。
時間的な制限もあって、今日は多田海水浴場へ。
予想外に潮が走っていて、期待が高まります。
波が穏やかだと泳ぎやすいのですけど、
ある程度潮が交換していないと、変化に乏しいのです。

IMG_2406_convert_20120611002846.jpg

期待通り!
10cmほどの大型のウリクラゲが出迎えてくれました。

IMG_2393_convert_20120611002616.jpg

クシクラゲ類の中でも、特に口が大きいのが特徴です。
外観からもはっきりと口がわかりますね。
この大きな口で、他のクシクラゲ類やサルパ類、
小さな甲殻類まで丸呑みにするのだとか。
大人しそうに見えて、実はかなり獰猛なクラゲです。

IMG_2441_convert_20120611004518.jpg

こちらは暖海性のチョウクラゲです。
同じクシクラゲ類でも、ウリクラゲとは随分形状が異なっています。

IMG_2456_convert_20120611010915.jpg

その名の通り、蝶のように繊細でありながら、
ふたつの透明な翼で、力強く、海鳥のようにはばたくことが出来ます。

IMG_2430_convert_20120611003742.jpg

とってもメカニックなお姿。
近未来的生物です。

IMG_2453_convert_20120611010456.jpg

見かける機会は多くなく、二見で1度見たきりだったのですが、
今日はとてもたくさん流れ込んでいました。

IMG_2414_convert_20120611003516.jpg

翼は団扇型で、うっすらと網目模様が入っています。
この写真だと、肉厚に見えますけど、他のクラゲのように手応えはなく、
本当にへにゃへにゃの体で、
ごく濃度の薄いホルマリンを注いだだけでも溶けてします。

IMG_2447_convert_20120611005028.jpg

アカクラゲも入り込んでいました。
このクラゲは、刺されるとわりと痛い(らしい)ので、
海水浴場にとっては招かざる客なのですが、
ある程度水深のある場所のほうが、
長いリボン状の口腕がたなびいて見応えがあります。

IMG_2436_convert_20120611004208.jpg

他にはこの時期定番のオワンクラゲ、ミズクラゲも見られました。
テトラ沿いのガラモ場には、いつもメジナの群れが張り付いています。
アマモ場には黄金の小アジの群れが紛れ込んでいました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/359-95b237fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。