上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この一年、非常に不安定な仕事で食いつないできました。
そもそも、正社員で働いた経験はないのです。
長い間、フルタイムのパートで働いてきました。職種は4つくらいは変わりました。
週40時間も働いていては、自分の時間を十分に得られないような気が、ずっとしていました。
それで思い切ってアルバイトだけにしたのです。
雇用契約すらないアルバイトは、とても不安定でした。
今月どれくらい稼げるのか、それ以前に、
今日、どのくらい働かせてもらえるのか、見通しは全くありませんでした。

このような生活は最初から破綻していました。
もっと早く転職すべきでしたが、母のこともあって、だらだらと先延ばしにしてきました。
いいえ、母のことは言い訳です。
もう無理だと踏ん切りがついたのは、完全に生活費が足りなくなったからです。
幸い、ほぼ希望通りの求人が見つかりました。かつて、介護の世界にいたのです。
空前の不景気と騒がれていますが、介護職だけは、
(たいていパートですが)たくさんの求人がありました。
紹介をお願いしたその日の午後に、面接でした。
介護業界に身をおいていたのは、ほんの3年ほどでしたが、
経験を評価していただき、合格を確信できるほどの好感触でした。

家に戻って、仏壇の前で号泣しました。
この一年が、自分にとってどんなにプレシャーだったか、
いつも調子よく、「仕事なんて」と豪語していたくせに、
いざそれを捨ててみると、確約のない仕事にしがみついて生きなければいけない一日一日、
一秒一秒の辛さが、どっと押し寄せてきて、声を上げて泣かずにはいられなかったのです。

生活の不安は、母の死の悲しみに沈むゆとりも与えないほど、
いつもわたしを追い詰めていました。
すべて自らのあさはかさが招いたことです。
今月はじめに内定の通知を受け取りました。来月から採用です。
これでなんとかなる、と思った途端、どうしようもない無力感が襲ってきて、
布団を抜け出せない日を送っていました。
急に気温が上がったのも一因かもしれません。自律神経が乱れやすいのです。
少し気力が戻ってきたので、これを書いています。

幸福なことに、わたしは生きることが好きです。
どんなときでも、この世界は生きるに値すると信じています。
それが父母から、あるいはもっと遠い先祖たちから受け継いだ、
数少ないわたしの美徳のひとつだと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/36-b57ff186
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。