上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏に向けて、ウミヒルモが展開し始める時期です。
ウミヒルモ類は南方系の海草で、南西諸島沿岸では種類も豊富です。
佐渡の沿岸に成育するウミヒルモは、
現在のところ、ノトウミヒルモ1種が確認されています。
主な生育地は真野湾です。

二見元村は、浅く、遊泳が容易な海水浴場のような海では唯一、
ノトウミヒルモを確認できる場所です。
月に一度以上は入って観察を続けています。

ノトウミヒルモは青森を北限とすることが知られています。
真野湾の浅い沿岸は、冬季は7℃程度まで水温の下がる、苛酷な環境です。
年にもよりますが、冬には地上部は枯死する場合が多いようです。
地下茎が残っているのか、種子から発芽するのかは不明です。

2012年 5月23日 10:00 二見元村 17.2℃

IMG_1758_convert_20120616112411.jpg

4月にはまだ生き生きとして水面を覆っていたガラモ場も、
終盤に入り、倒れ込んでいる箇所が目立ちます。

IMG_1777_convert_20120616114624.jpg

海の中は明るく、水そのものの透明度は高いのですが、
マリンスノーが多く、全体的に白っぽくかすんで見えます。

IMG_1786_convert_20120616115022.jpg

ガラモ場には、いくつもの小魚の群れが寄り添っていました。
これはメバルの稚魚でしょうか。

IMG_1769_convert_20120616113737.jpg

定番のキヌバリは、よく見ると、体色が柔らかく、うろこも目立たず、
全身が透き通っていて、磯魚とは思えないほどに、繊細で美しいのです。
この雰囲気が、『絹張り』の名の由来となったのでしょうか。

IMG_1805_convert_20120616120501.jpg

4月には、アマモの花穂はまだそれほど伸びていなかったのですが、
すっかり伸長して、生殖枝よりも背が高くなっています。

IMG_1794_convert_20120616115857.jpg

ノトウミヒルモはまだ見あたりません。
表層はかなり水温が上がってきているのですが、
下層は温度が低く、ひんやりしています。

IMG_1780_convert_20120616114916.jpg

砂の上に毛が生えたようになっているのは、ゴミか何かと思っていたのですが、
ゴカイ類の棲管なのかもしれません。とても小さくて細い管です。

IMG_1775_convert_20120616114433.jpg

砂の上に、魚の背骨が残されていたのは、
もしかして、前回見かけた死骸のなれの果てかしら。
このひと月、大きな時化に見舞われていませんから、
ありえないことでもありません。
骨はどなたが分解するのでしょう。

IMG_1751_convert_20120616111353.jpg

浅瀬の褐藻の間に、この時期よく見かけるのですが、
オレンジ色のビー玉みたいな卵塊がいくつも付着しています。
ヘリトリクロアメフラシなど、
ウミウシ類のものではないかと思うのですが、定かではありません。

IMG_1755_convert_20120616112129.jpg

オレンジ色の部分は、よく見ると粒々の卵なのです。
わざわざこんな模様にするのには、何か理由があるのでしょうね。

IMG_1835_convert_20120616123139.jpg

岩陰にウミヒドラを見かけたのは、ちょっと意外でした。
この生き物は、もっと潮通しの良い場所を好むと思っていたからです。
ここは、ビルの谷間を強風が吹きぬけるように、
岩と岩の隙間が、わずかな波でも増幅させる効果を上げて、
小さなウミヒドラを育てているのかもしれません。

IMG_1820_convert_20120616121851.jpg

浅瀬はフクロノリの独壇場なのですが、表面に小さな黒い巻貝が散らばっています。
表面のケイ藻などを食べているのではないかと思います。
これでも成熟した個体でしょう。
このような微細な巻貝は、加茂湖のカワツルモ場でもよく発生するのですが、
同じ種類かどうかは不明です。

IMG_1813_convert_20120616121654.jpg

ナメクジのような生き物も這っています。
ウミウシではなくヒラムシの1種ではないかと思います。

IMG_1837_convert_20120616123642.jpg

ヤドカリも盛んにハサミを操っています。
人間の目には、なんにもないように見えますけど、
ふかふかのフクロノリのマットの上は、ごちそうの宝庫になっているみたい。
さらに真っ黒なヒラムシを発見!

IMG_1844_convert_20120616125459.jpg

ヒラムシを見かけたら、裏面を確認するのをお忘れなく。
腸が透けていて、それがなんともグロテスクで目を引くのです。
ただ真っ黒なだけかと思っていたら、裏を見て驚きました。

IMG_1841_convert_20120616123938.jpg

地色は、青と赤紫に、パールをふりかけたような、ミステリアスな玉虫色。
このような色彩を、なんと呼んだらいいのでしょう。

IMG_1860_convert_20120616124439.jpg

手前の、白い線が放射状に広がっているところが腸です。
宇宙の黎明に起こった、ビッグバンの姿をとどめてて、
無限の虚無をたゆとうヒラムシ。
その小さな胸で、どんな美しい夢を紡ぐのでしょう。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/361-4e2dff91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。