上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 6月 6日 15:30 樹崎神社 24.0℃

初夏の日差しに温められ、水深の浅い加茂湖の水温はぐんぐん上昇しています。
濁りの強い状態が続いていますが、海の生き物にとって、
このくらいは、どうってことなさそう。

樹崎は、とくに神社周辺の浅瀬が、加茂湖では本当に貴重な、
昔ながらの海岸の風景を残している一角なのです。

IMG_2315_convert_20120616140950.jpg

比較的波当たりの強い東向きの岸辺は、泥や砂の海岸でなく、
岸近くが削られて現われた小石や砂利が、敷き詰めたように転がっています。

IMG_2321_convert_20120616141822.jpg

石の上を這う微小な巻貝は、二見やカワツルモ場で見かけるのとは、別種のようです。
表面の刻みがはっきり見えています。
大きく育つ、シタダミなどと同じ仲間かもしれません。

IMG_2342_convert_20120616142831.jpg

シワホラダマシかと思うのですが、冬にはたくさん転がっていたのに、
カイウミヒドラを背負っているものは、あまり見かけません。
これから新しく育てるのでしょうか。

IMG_2318_convert_20120616141552.jpg

こちらは一面カイウミヒドラに覆われていますが、
発色はイマイチです。イソギンチャクなども、
水温やエサの種類、量などによって、色を変化させますから、
今はこういう色の気分なのかも。

IMG_2328_convert_20120616142015.jpg

石の下から小さなエビが飛び出してきました。
生き物調査でおなじみの、あのエビさんかしら。
長いハサミと、筋の入った透明な身体です。
イソスジエビか、アシナガスジエビかもしれません。

IMG_2335_convert_20120616142334.jpg

小石の上を跳ね回っていた小さなハゼは、アカオビシマハゼではないかと思います。
生き物調査では入ったことはないのですけれど、
加茂湖を泳いでいると、矢板の壁面などでもよく見かけるのです。
この日もたくさんいました。

IMG_2336_convert_20120616142556.jpg

ナベカ! 普通の磯ではよく見ますけど、
加茂湖ではあまり気にしたことがありませんでした。
どこにいても、ナベカはナベカの立ち姿をしているのですね。
当たり前なんですけど、なんだか微笑ましい。

IMG_2343_convert_20120616143942.jpg

カレイの稚魚も見かけました。
前回の生き物調査でたくさん入って、みんな驚いたのです。
今年はカレイが多いのかしら。

IMG_2357_convert_20120616144205.jpg

ギンポもちゃあんといました。
生き物調査でお馴染みの生き物たちは、樹崎でも見ることができます。
逆に言えば、こごめの入りは、少なくとも表層的には、樹崎に類した環境であり、
特に汚染が強いとか、過酷であるとは言えない、ということを、
生き物たちが証明しているのではないでしょうか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/364-d8c618a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。