上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_2705_convert_20120628070140.jpg

早くも台風が日本列島を縦断してゆきました。
被害に遭われた方々には、本当に忍びないのですけど、
この時期の海の時化には、重要な意味があります。

梅雨時の嵐は、初夏の陽気に温められ、
プランクトンが多く発生している沿岸部の表層を撹拌して、透明度を回復させます。
枯れ上がった大型褐藻は岩からはぎ取られ、
かつて海中林を形成し、木陰に大小様々の生き物をかくまっていたように、
今度は海の表面を漂う生命のいかだとなって、その草陰で、
稚魚や小さな生き物たちを育てる、移動式ギムナジウムとなります。

これらはすべて、まるで決められたことのように、
海の中では毎年繰り返されることです。
台風であっても、梅雨前線であっても、
自然が及ぼす計り知れない脅威と恩恵は、
なんら変わることのない、安定した循環系です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/371-99815ec2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。