上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_2489_convert_20120622224002.jpg

見てください、我が家の庭の苺。
越してきた最初の秋に植えたものです。
まるでフランスのマルシェに売っているみたいな、つやつやの深紅のイチゴ。

これがもう、どうしようもなくマズイのです。
見た目に惑わされて口にしたが最後、
どんなに熟しても取れない、強烈な渋みで顔が歪みます。

そんな見掛け倒しのイチゴですけど、煮ても焼いても食えないほどではなくて、
煮たらそれなりに楽しめます。
肉質がしっかりしているので、赤ワインと砂糖を加えてさっと煮ると、
コンポートのようなジャムの出来上がり。

IMG_2930_convert_20120628054641.jpg

普通のイチゴジャムみたいな優しい朱色じゃなくて、
グロテスクなくらいの深い深い赤です。

IMG_2933_convert_20120628055047.jpg

ストロベリーリキュールにも色味が活きます。
小さすぎて、生食では食べた気がしないワイルドストロベリーも、
リキュールにすると芳醇な香気が引き立ちます。
これはお隣さんから教えていただきました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/373-bd3d2d33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。