上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大・産・卵! ①
大・産・卵! ②
大・産・卵! ③

2012年 6月26日 10:00 多田海水浴場 20.9℃

IMG_2903_convert_20120628060210.jpg

前日に比べると、明らかに数が減りました。
産卵場めがけて、砂の上を這っているものも、ほとんど見当たりません。

IMG_2902_convert_20120629232317.jpg

最初に卵が産み付けられていた手前の面は、卵嚢に覆いつくされています。
多くのバイは、その横の面に移動しました。

IMG_2899_convert_20120629232124.jpg

だいぶ砂を被ってますけど、
小さな卵嚢のひと粒ひと粒が、おわかりいただけるでしょうか。
ひとつの卵嚢には数個から十数個の卵が入っています。数はまちまちのようです。
卵を産むだけでも大仕事なのに、袋を編んで、大切に大切に守り抜く。
この透明な袋は、特殊な粘液を固めて作られてるのだとか。

IMG_2925_convert_20120704204526.jpg

しばらく観察していると、時折、力尽きたように、
不意に剥がれ落ちてくるものがあるのですが、産卵を終えた個体でしょうか。
軟体はナメクジを濃くしたような地味な色合いですけど、ほら、
裏面には青味がかったモルフォチョウの色彩が隠れています。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/378-d76f6e52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。