上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生まれいずる悩み ①
生まれいずる悩み ②

2012年 7月 4日 14:00 多田海水浴場 22.8℃

海に入ろうと思って砂浜を歩いていると、
波打ち際で明らかに不審な動きをする生物が。

IMG_3521_convert_20120712115117.jpg

何もしてないんですけど、影がさした瞬間、くるっと身を丸めてまん丸な姿に。
これ、加茂湖でも時々見かける、ハマダンゴムシじゃないかと思います。
常時水の中に住んでいるのかと思ったら、水陸両用なんですね。
その名の通り、完全にダンゴムシの動きです。

IMG_3531_convert_20120712120414.jpg

最初の岩に産み付けられた卵のうち、成長の進んでいるものは、
どんどん黄味が強くなってきています。
微細な茶色の粒々だったものが、ぼわっと白く膨らんで、
一見すると、全部が癒着して、ひとつの塊になったみたい。
大きな卵が黄色い液体の中に浮かんでいるように見えます。

IMG_3525_convert_20120712120143.jpg

別の岩では産卵が続いています。
せっかくの機会ですから、産卵について、もう少し詳しく観察してみましょう。

IMG_3526_convert_20120712120257.jpg

マーキングまではしなかったんですけど、
1匹だけはぐれて上の方で産卵している、このバイに注目してみたいと思います。
1匹の産卵がどれくらいの期間続くのか、どれくらいの数の卵嚢を生むのか、
わかるかもしれません。

バイの大産卵が行われているのは、海水浴場の左側の潮通しのいい浅瀬です。
海水浴場の右手にはもっとたくさんの岩が入っていて、転石海岸に続いているのですが、
こちら側には、バイの姿はほとんど見当たりません。
水深は同じくらいなのですが、岸辺や、淡水流入口に近いこと、
潮通しの点でいくらか問題があるのかもしれません。

IMG_3540_convert_20120712120615.jpg

ほとんど、と書いたのは、全然いないわけではないからです。
数匹が砂の上を這っていました。その目指す先には、1匹のバイが張り付いています。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/387-2e6407c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。