上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月に入ると、若者や家族連れでごったがえす海水浴場は、
わたしが最も苦手とする状況です。
もっとも、佐渡では、どんなににぎわう海岸でも、
泥水でイモを洗うような惨状にはならないのが、せめてものなぐさめ。
お盆を過ぎると、ぱったり人影が途絶え、
『盆過ぎに海に入ると溺れる』という先祖の教え? を、
かたくなに守り続けている素朴さも、いとおしいではありませんか。

本格的な海水浴シーズンの前に、何ヶ所か、
お気に入りの海水浴場を巡っておきましょう。

2012年 7月 4日 12:00 平沢海水浴場 23.0℃

平沢は、岸から離れると間もなく、丈立ちを越える水深に落ち込んで、
一面のアマモ群落が広がっています。
加茂湖の湖口に近いこともあって、透明度が低い場合が多いのですが、
そのことと関係があるのか、多田のアマモ群落のように密生はしていません。
シュートとシュートの間隔が広いように感じられます。
ここにも、和木で見たような、小型のアマモが見られました。

IMG_3463_convert_20120805072425.jpg

右側がふつうのアマモ、左側が小型のものです。
小型のものも、いっぱしの群落を形成しているところが、不思議なんです。
生殖枝は上がっていません。

IMG_3482_convert_20120805075641.jpg

根はしっかり張っていて、横に這うタイプの地下茎です。
平行脈は5本で、これらの特徴は、アマモであることを示しています。

IMG_3494_convert_20120805073424.jpg

手前はコアマモです。コアマモよりは確実に大きい。

IMG_3474_convert_20120805072547.jpg

千切れたアマモの茎から、次々に空気が出てきます。
アマモ場が豊かな生命を育む秘密は、
内部に蓄えられた大量の酸素にあると考えられています。

そのアマモ群落の間を、悠然と横切ってゆく巨大なウミウシの姿が。

IMG_3481_convert_20120805072802.jpg

マンリョウウミウシでしょうか。
万両と名がついているだけあって、ウミウシとしてはかなり巨大です。
手のひらくらいの大きさがあります。
背中にうっすら砂をかぶっていました。普段は砂の中にひそんでいるのかもしれません。

IMG_3486_convert_20120805073208.jpg

つまみあげたので、きゅうっと縮んでしまいました。
ウミウシは皆そうですが、裏面には巻貝の雰囲気が残っています。

IMG_3492_convert_20120805073328.jpg

表面は多色使いの赤茶色のイボに覆われています。
火星からやってきたみたい。
左目に比べて、右目が異様に小さく、欠損した形跡があります。
こんな怪しげな姿をしていても、襲われることがあるのですね。

IMG_3496_convert_20120805073628.jpg

魚につつかれたらしいヒラタブンブクの殻も、たくさん見かけました。
平沢のアマモ場は、濁りが強くて生き物の多い、生存競争の厳しいジャングルなのです。

IMG_3495_convert_20120805073533.jpg

ガラモ場はかなり崩れてきました。
まだ辛うじて立ち上がっていますが、太古の遺跡のように、骨組みだけになっています。

IMG_3505_convert_20120805073737.jpg

明るくなった岩の表面に、ヒラワツナギソウが光っています。
この海藻が美しく光るのは、モルフォチョウなどと同じく、
構造色によるのではないかと思うのですが、よくわかりません。
7月後半から8月始めくらいまでが見ごろです。
素浜や両津湾岸に多いようです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/400-8897667e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。