上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 7月19日 14:30 二見元村 28.1℃

スーツなど準備しながら、何気なく波打ち際をのぞいたら、
見慣れない生き物に気付きました。

IMG_3828_convert_20120806115716.jpg

真ん中あたりの水の中に、巻貝みたいなものが見えるでしょう。
これ、どうやら、フナムシの子供らしいのです。
普段は、水際ぎりぎりの陸上側を、集団で移動し、
大人のフナムシが水に入っている姿は、滅多に見ませんけれど、
子供は、身の危険を感じると、こんなふうに水中に身を隠すこともできるようです。

実はフナムシは、エラ呼吸する生き物と言われています。
驚くべきことに、同じ仲間のダンゴムシもエラ呼吸なのです。
陸上生活に適応した結果、空気中の水分を利用して、
水中でなくても呼吸出来るように、エラを発達させたのでしょうが、
まだ未発達な子供では、かえって本来の機能が残っていて、
長く水中にとどまることが出来るのかもしれません。

IMG_3839_convert_20120806121600.jpg

ノトウミヒルモは群落を広げています。
この南方系の海草は、アマモよりひと足遅れて、
これから夏にかけて、ぐんぐん生育していきます。

IMG_3833_convert_20120806121014.jpg

今はどこでもそうなのですが、濁りがきつくて、遠くまで見渡せません。
夏枯れのガラモ場は、沈黙の世界。

IMG_3840_convert_20120806121730.jpg

おや、オオヘビガイの空き家に、ナベカがすっぽり。
岩肌を覆っていた褐藻類が枯死する夏は、その陰に隠れて見えなかった、
小さな生き物たちを観察するには、最適の時期です。

IMG_3847_convert_20120806121917.jpg

朱色の瞳が印象的なオトメウミウシ。
このウミウシには、アオウミウシなどに特徴的な、
背面の王冠状のエラが見当たりません。
オトメウミウシは、体の横側にエラが隠れているタイプのウミウシです。

石の上の方に、白いヘビのようなものが見えます。
これはヘビガイの仲間、ではなく、ゴカイの仲間の棲管です。
その証拠に、とっても小さいのですけど、オレンジ色のエラの花が咲いているでしょう。

ゴカイの中には、このように、自ら石灰質の棲管を作って、
その中に暮らしている一群があります。
エラが美しい装飾に見えるので、カンザシゴカイと呼ばれています。
これはエゾカサネカンザシだと思います。
珍しい生き物ではないのですけど、エラが開いているのは初めて見ました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/404-562f37fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。