上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 7月23日 11:30 長浜・大須 27.4℃

真野湾は比較的透明度を保っています。
水温はぐんと上がりました。

IMG_3876_convert_20120809220359.jpg

浅瀬は茶色い海藻に覆われています。
紅藻が老成したせいもあるでしょう。もともと茶色味が強いソゾも目立ちます。

IMG_3918_convert_20120809222839.jpg

場所によっては、枯れかけた紅藻に、ケイ藻がびっしり付着しているようです。
もはや、もとの海藻が何かもわかりません。

IMG_3940_convert_20120810065156.jpg

ケイ藻の表面が銀色に光っています。
酸素です。こびりついたほこりのようなケイ藻から、大量の酸素が発生しています。
ケイ藻はもとの海藻の光合成を阻害しますが、
自ら光合成をして、相当量の酸素を供給しているようです。

IMG_3893_convert_20120809221152.jpg

もう少し深い、水深1m以深では、
丈の短い褐藻の夏葉に、モズクが残っています。
本来なら、梅雨時の時化でほとんど流失するはずのものです。

IMG_3912_convert_20120809222659.jpg

今年、どこでもよく見かけるのは、こんなクサフグのちびっ子たちの大群です。
彼らのうち何割かが、順当に成魚になるのかと思うと、少々不安。
クサフグは海のギャングなのです。

さて、ここからは、小さな無脊椎動物に目を向けてみましょう。

IMG_3881_convert_20120809220621.jpg

岩陰で目を引くのは、羽毛のように豊かに茂るシロガヤです。
針葉樹のカヤに枝振りが似ていますね。これでもれっきとした動物なのです。
枝の間に付着している、乳白色の米粒のようなものは、
コルビュラと呼ばれる生殖器官です。
シロガヤも繁殖の季節です。

IMG_3887_convert_20120809220722.jpg

お魚さんのおうちの入り口を飾り立てているのは、同じ仲間のオベリアの一種です。
シロガヤと違って、とても小さい。

IMG_3898_convert_20120809221906.jpg

こちらでは岩の表面を、一面、オベリアが覆っています。
大きな岩と岩の隙間で、潮がよく通る場所です。
岩に産毛が生えたみたいに見えるでしょう。

IMG_3906_convert_20120809222108.jpg

近づいてい見ると、産毛の1本1本が、規則正しく枝分かれしています。
それぞれの枝先に、無数の小さなイソギンチャクが、
触手を広げたような姿をした、精緻な生き物です。

IMG_3894_convert_20120809221300.jpg

前から気になってたんですけど、岩の表面に、所々、汚れたように、
べたっと黒いにかわのようなものが付着しています。

IMG_3889_convert_20120809220841.jpg

地衣類みたい。
これ、なかなか結びつかなかったんですけど、
真っ赤なカワラタケと同じものだと思います。
コケムシの触手が開いていると赤く見え、
閉じていると、虫室と呼ばれる外側の黒色が、強く現れるのではないでしょうか。
岩陰にも表面にも見られますが、陰にあるものは昼間でもよく開いているようです。

IMG_3921_convert_20120809223032.jpg

ほかにも、岩陰には、シャーベットカラーの柔らかな彩り。
色とりどりのカイメンたちは、恥ずかしがり屋さんなのかな。

IMG_3924_convert_20120810064735.jpg

中央あたりに、丸い、黄土色の、フクロノリが生えてますけど、
ちょっと様子が妙です。

IMG_3926_convert_20120810064855.jpg

ほら、真ん中から細いクモの糸が広がっているでしょう。
触ると、すうっと奥に引っ込んでしまう。
正体はわかりませんけど、ゴカイの仲間かしら。

IMG_3928_convert_20120810065016.jpg

1cm程度の小さなウミウシ、クロミドリガイです。

IMG_3942_convert_20120810065341.jpg

写真が見にくいのですけど、これもクロミドリガイによく似ています。
大きさは同じくらい。模様や色味もそっくり。
でも、尻尾の先端が紺色に染まっているので、アズキウミウシだと思います。
同じ仲間で、図鑑の隣同士になるくらい近い種です。
『カイ』と『ウミウシ』の間にある隔たりは、このくらいのものなのかしら。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/407-f0f1a4ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。