上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 7月27日 12:30 片野尾 25.0℃

IMG_3948_convert_20120811220507.jpg

比較的、岸に近い岩の上に、
一面生い茂っているのは、イソモクだろうと思います
水津から前浜にかけては、特にイソモクが多いように感じます。

IMG_3991_convert_20120811225602.jpg

大型の褐藻が倒れ、明るくなった岩の上には、
あちらにも、こちらにもアイナメが乗っかっています。
縄張りがあるようです。

IMG_3953_convert_20120811220629.jpg

この時期、必ず1度は片野尾に入ります。
お目当てはこれ。オパール色の落し物、ヒラワツナギソウです。
どこかで見かけたら、じいっと目を凝らしてみてください。
暗い横縞が入っています。これがワツナギソウの名の由来です。

片野尾はヒラワツナギソウの多いところです。
以前はもっと多かったのです。数年前の高潮の被害で、
海岸がもみくちゃにされて以来、めっきり数を減らしました。
それでも他と比べれば、多いほうでしょう。

IMG_3996_convert_20120811221841.jpg

何度も何度もチャレンジしているのですけど、
ヒラワツナギソウの輝きの素晴らしさは、写真では伝わりません。
この宝物を初めて見た少女の日、どれほど興奮したことか。
すべての少年少女に、そんな、忘れえぬ夏のときめきがありますように。

IMG_3957_convert_20120811220741.jpg

今日見つけた初めての生き物は、グビジンイソギンチャク。
そう、イソギンチャクです。直径10cmくらい。
磯で普通に見かけるタイプのイソギンチャクとは、少し雰囲気が違っています。

IMG_3966_convert_20120811221509.jpg

触手は顆粒状で、中央から放射状に、模様をえがくように配置されています。
刺胞毒は強いといわれています。
近寄ってきていたクサフグのチビッコが、
好奇心満々で、えいっ、と顆粒を突っついたんですけど、
口が麻痺したのか、しばし放心状態になっていました。

IMG_3970_convert_20120811221605.jpg

触っても、身をすぼめて丸まることは出来ないみたい。
なぜか口が大きく開いてきました。全体が収縮して、ちょっとこわばっているのかな。
抹茶と桜と小豆を取り混ぜたような、独特の色合いです。

IMG_3963_convert_20120811220904.jpg

この個体はなぜか海藻に付着していました。
どこからか流されてきたのかもしれません。
裏面は鮮やかなサーモンピンク。アワビの足に似ていませんか。
イソギンチャクはこの足で、案外器用に移動すると言われています。

IMG_3980_convert_20120811221659.jpg

ジボガウミウシの白は、透明感が合って格別です。
ほかにはシロウミウシ、クロヘリアメフラシ、
ホウズキフシエラガイも見かけました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/408-3967bc2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。