上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 7月27日 13:30 豊岡 24.9℃

先月はバイの産卵をお伝えしましたが、夏は貝類の産卵の季節です。

IMG_4072_convert_20120816085453.jpg

イボニシの卵嚢は、岩陰でよく見かけます。
岩の表面には、色鮮やかな海のバラが。

IMG_4016_convert_20120816073729.jpg

大きい! いままで見たこともないくらい、大輪のバラです。
バラというよりも、ダリアみたい。
こういう造形は、だいたい、ウミウシの卵塊である場合が多いようです。
それぞれに個性があって、どのバラがどのウミウシのものか、
はっきりとはわからないのですけど、
オレンジ色のものは、クロシタナシウミウシかもしれません。

IMG_4032_convert_20120816074110.jpg

ほら、こちらでは、ちょうど産卵を終えたばかりのようです。
クロシタナシウミウシは、砂地に岩が入っているようなところでよく見かけます。
比較的大型のウミウシですが、これは特に大きめ。

IMG_4053_convert_20120816074413.jpg

ちょっと失礼して。
この卵塊は少し色が薄めです。

IMG_4038_convert_20120816074247.jpg

表面がしわしわしてますけど、産卵でお疲れなのでしょう。
ウミウシのいわゆるツノは、目ではなく触角です。感度は良さそうですね。

巻貝の一種であるウミウシの卵は、バイと同じような過程をたどって着底します。
プランクトン生活を送る最初のベリジャー幼生は、ちゃあんと巻貝の姿をしているのだとか。


2012年 7月28日 14:00 豊岡 24.4℃

IMG_4128_convert_20120816212140.jpg

岩の隙間で息を潜めているのは、マンリョウウミウシかしら。
平沢で会ったものとは印象が違います。色味のグロテスクさも抑えめ。

IMG_4125_convert_20120816211947.jpg

近くに咲いていたのは、こんなやわらかな墨染め桜。
マンリョウウミウシの卵塊でしょうか。少し日が経っているようです。

IMG_4120_convert_20120816211645.jpg

近くの海藻から、ぽろりと剥がれ落ちてきたのは、フジタウミウシです。
バラを咲かせるには、さすがに小さすぎるかもしれません。

IMG_4062_convert_20120816074731.jpg

水中にはオオコシダカガンガラがちらほら見えましたけど、
岸近くにはなぜかクボガイの大群が。
ウミウシを見たあとで、巻貝を見ると、同じ仲間なのに、
急に現実に引き戻される感じがします。
ヘソアキクボガイのようでした。
クボガイはもともと、オオコシダカガンガラよりは浅い場所を好むようです。
海に入れなくなった高齢のおばあちゃんたちが、
やむを得ず拾っているのを見ると、物悲しい感じがします。
「シタダミ」としては最もランクの低い巻貝のひとつです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/410-133628e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。