上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 8月20日 13:30 二見元村 30.5℃

IMG_5534_convert_20120922111419.jpg

ウミヒルモはよく広がっていますが、花芽は見当たりません。
今年は開花が遅れているようです。

IMG_5541_convert_20120922111933.jpg

小さな薄い葉っぱの裏に、小さな薄い殻の巻貝が張り付いています。
こんなに小さな海草の草原にも、立派に生態系が存在しているのですね。

IMG_5535_convert_20120922111628.jpg

この草原で最もよく見かけるヒトデは、トゲモミジガイです。
数は多くありません。モミジガイはいないと思います。
見たことがありませんもの。

IMG_5537_convert_20120922111741.jpg

二見のウニの代表格はヨツアナカシパンです。
こうして見ると、やっぱり、ヒトデとウニは、
同じキラキラ星の仲間なのですね。
トゲのある星、棘皮(きょくひ)動物と呼ばれます。
五方向に放射状に対称である、ということがこの仲間の特徴です。

このヨツアナカシパンは、随分と左下が欠けています。
百戦錬磨のつわものかしら。かなり再生能力が高い生き物なのですね。

IMG_5549_convert_20120922112055.jpg

テトラポッドの陰で、大きなハサミを振り上げているのはガザミ。
片腕の勇者です。ガザミは、真野湾のような砂がちな岩場でよく見かけます。
汁の実に人気がありますよね。
磯暮らしのカニの中では、特に味が良いようです。

IMG_5551_convert_20120922112329.jpg

このケヤリムシは、どうしたのか、すっかり身体が棲管から出てしまっています。
エラも開きっぱなし。
身体を見たのは初めてですけど、立派にゴカイの格好をしています。

IMG_5555_convert_20120922112547.jpg

テトラポッドの裏側で、偶然出会ったのは、クシクラゲの集群現象です。
カブトクラゲではないかと思います。最も普遍的なクシクラゲの一種です。

IMG_5560_convert_20120922112720.jpg

小さなクラゲですけど、これだけ集まると圧巻です。
ミズクラゲの集群は、何度か見かけたことがあったのですが、
クシクラゲ類は初めてです。

IMG_5561_convert_20120922112823.jpg

クシクラゲの美しさを、もれなくお伝えするのは、
大変難しいのですが、今回は、背景が暗いのに助けられて、
クシ板の並ぶ白い輪郭がはっきり写っています。
ふわり、ふわり、まぶしい夏の水面にも映りこむ、ガラス細工のクラゲたち。

IMG_5576_convert_20120922112952.jpg

上がり際、岩の隙間から半透明のヒモが伸びているのを見つけました。
このヒモ、触ると、伸びたり縮んだりして、
触手らしいのですが、正体はわかりませんでした。
こんな得体の知れない生き物までも、大きく大きく包み込む、
海の底知れないひろがりに、驚きをあらたにする毎日です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/432-bcec3e91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。