上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 8月21日 12:00 多田 29.0℃ 

8月の多田海水浴場は、息を呑む透明度です。
どこの海がおすすめですかと、聞かれる折には、
初心者の方には、この海水浴場をおすすめしています。

IMG_5589_convert_20120923234507.jpg

生命に溢れていたあの岩は、静かに沈黙していました。

砂底に生きる生き物たちを見つめて、通い詰めた海水浴場の傍らに、
守り神のような巨岩がたたずんでいます。
この岩のことは、あまり注目していなかったのですが、
海水浴シーズンもひと段落した今日は、
あらためてじっくり観察してみたいと思います。

IMG_5602_convert_20120923234634.jpg

最初に目に飛び込んできたのはムツサンゴです。
岩陰のようなところに多いようです。

IMG_5604_convert_20120923234834.jpg

表面にも、ちらほら。
砂がかっているので、海藻はあまり生えていません。

IMG_5625_convert_20120923235401.jpg

イソギンチャクみたいですけど、よく見ると、
岩の表面ににかわ質の群体が広がっています。
その所々からキョウと呼ばれる突起が発生していて、
触手を広げるとイソギンチャクみたいに見えるのです。

写真の中に、ほかにも小さな生き物が隠れているのですけど、おわかりかしら。

IMG_5620_convert_20120923235224.jpg

この岩の割れ目にも。

IMG_5635_convert_20120923235814.jpg

ウニとウニの間にも。黄色いツノがチャームポイントです。

IMG_5627_convert_20120923235658.jpg

イソギンチャクの手前にも。赤い縞模様が鮮やかなサラサエビです。
隙間に大群で潜んでいました。

IMG_5666_convert_20120924001446.jpg

潜んでいると言えば、このクモヒトデ。毛深いおみ足ですね。

IMG_5671_convert_20120924001623.jpg

こんな小さなカイメン? からも。

IMG_5698_convert_20120924002413.jpg

あら? これは普通のニッポンクモヒトデかしら。
石の下が定位置とばかり思っておりました。

IMG_5663_convert_20120924001323.jpg

岩の裏側の最も暗い場所には、
極小のポリプのお花畑が広がっていました。
触手は8本、八放サンゴの仲間だと思います。

IMG_5642_convert_20120923235956.jpg

岩の隙間には、コノハミドリガイの姿も。

IMG_5651_convert_20120924000518.jpg

これはクロヘリアメフラシだと思うのですが、
よく見かけるものとはちょっと雰囲気が違っています。
はっきりとした白い水玉が全体に散らばっています。

IMG_5653_convert_20120924001145.jpg

フサイワヅタで見かけたアオウミウシは、斑紋がつながって黄色い筋状になっています。
この緑藻を好んで住処にするタマミルウミウシは、見当たりませんでした。

IMG_5702_convert_20120924002604.jpg

小さなアズキウミウシが、小さな海藻の上で追いかけっこ。
他にはサラサウミウシ、コモンウミウシを見かけました。

IMG_5685_convert_20120924004746.jpg

最後の最後まで気付かなかったのですけど、サラサエビたちの団地のお隣に、
蛍光黄緑のグビジンイソギンチャクが花開いていました。
こんな発色もあるのですね。
よくご覧になってください、その上にももう一輪、
桜色のグビジンイソギンチャクがはまっています。
驚くべき色彩のバリエーションです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/433-f63d5984
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。