上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_5980_convert_20120928210655.jpg

2012年 8月25日 9:30 加茂湖・こごめの入り 31.4℃

恒例の、夏の生き物調査を、
佐渡中等学校のエコワークに合わせて実施いたしました。

当日は水位が高く、またヨシ場の前面に、
塩分に強い、カヤツリグサの一種と思しき単子葉植物が生育しており、
地引網を陸に引き上げることが出来ず、精度はかなり低くなっています。
そのあたりのところをご了承の上、今回は生物種の参考程度にご覧くださいませ。

マハゼ(稚魚) sp. ・・・7

IMG_6006_convert_20120928211328.jpg

ウロハゼ・・・5
クサフグ・・・7
ウミタナゴ・・・1
シマイサキ・・・1

IMG_6005_convert_20120928211231.jpg


ウミニナ・・・36
ホソウミニナ・・・8
ブドウガイ・・・2
ホトトギス・・・6
ミドリガイ sp. ・・・2

ワタリガニ(幼ガニ) sp. ・・・1

IMG_6001_convert_20120928211127.jpg

ユビナガホンヤドカリ・・・7
エビ・・・14

ミズクラゲ・・・2

目新しいのは、シマイサキとワタリガニの子供かしら。
シマイサキは、加茂湖ではしばしば目撃される内湾性の魚です。
ミドリガイの1種は、加茂湖のシオモグサなどの上に、
大量に発生していることがあります。

さて、今回、近くのカキ小屋に大変珍しい迷鳥が来ていると聞いて、
調査に先立って、見に行きました。

IMG_5992_convert_20120928210852.jpg

右手、親子のように寄り添っているのは、
常連のオオヒシクイとマガンです。通年この周辺に滞在しています。
親子に見えるでしょう?
親子どころか、鳥の種類まで違うとは驚きです。
互いに呼びかけ合ったりしていて、睦まじげ。種の枠を超えた、深い深い友情です。

左手がお目当ての、インドガンのカップルです。
モンゴル高原から、ヒマラヤを越え、インドで越冬することからこの名があるようです。
日本に来ただけでも、新聞ものの迷鳥とか。
なるほど、動物園にいそうな顔立ちですよね。
県外から、愛好家の方々が次々見に来ると、カキ小屋のご主人が話しておられました。
6月24日から滞在しているそうです。
飛来した当初は、顔が赤茶色に染まっていたとか。
今は恋の熱が冷めて、なんともひょうひょうとした風貌でした。

IMG_5994_convert_20120928211028.jpg

あとで新聞を確認しましたら、このカップル、
5月ごろには、真野湾岸に出没していたようです。
人馴れしていることから、飼育されていたものが、
逃げ出したのではないかと書かれておりましたけど、
そうですよね。種明かしをしてみれば、ユーラシアを大横断してくるよりも、
確かにそれが、最もありそうな経緯なのでした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/437-2589db25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。