上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.05 天道虫日和
IMG_7572_convert_20121107212753.jpg

木枯らし一番が連れて来た、暗く冷たい冬の雲が晴れ上がると、
何もかもが嘘だったような、うららかな小春日和です。
日差しに温められた窓に、次々とテントウムシが飛来します。

IMG_7573_convert_20121107210543.jpg

秋の終わりの、うらうらとした陽気のころに、
何日か、こういう日があるのです。
例年ですと、10月の中ごろに見かけることが多いのですけど、
今年は遅れているようです。

冬ごもりの場所を求めて、種類も様々な、色とりどりのテントウムシが、
申し合わせたように集結します。
大きさが同じくらいの、エサキモンキカメムシもちらほら。
こんな日に窓を開けていたら大変!
家中の窓という窓を、ぴっちり閉めておかねければなりません。
敵も執念深く、隙間を探してサッシのヘリを歩き回ります。

IMG_7574_convert_20121107210627.jpg

実家は日当たりが悪かったので、
ヘチガネがこんなふうに家に侵入してくるのは、知っていました。
日当たりのよい山の家では、もちろんヘチガネもおりますけれど、
実家ではまず見なかった、テントウムシが多いのに驚きました。

テントウムシと言いますと、一般的には、初夏のイメージですのに、
私にとっては、雪が近いことを知らせてくれる、冬の使者。
ああ、また、あの、わくわくする季節が近付いてきました。

今日はそんな、テントウムシの日です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/470-325f537d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。