上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.21 花のみぞ知る
2012年10月19日

少々古い話になりますけど、紅葉のころ、スカイラインに行ったときのお話を。
自分の足で登るのが、すっかりおっくうになってしまって、
車でちょこっと走って来ただけ。
下のほうから見上げると、山頂は、なんともいい色に見えたのですけれど、
この日はまだ、本格的な紅葉には早すぎたようです。

IMG_7427_convert_20121218212932.jpg

かわりに、出迎えてくれたのはエゾリンドウです。
この植物は湿原性と言われています。
湿地になっている池のそばなどに多く見られるようです。

IMG_7431_convert_20121218213122.jpg

妙見山のキャンプ場の向かいの駐車場のすみに、
毎年花を咲かせるエゾリンドウ。
妙見山の山頂付近は、乾いたガレ場が多く、この一隅も、
ちょっと見には湿地には見えないのですけれど、
どこからともなく、ほんのり水が染み出していて、
足の裏に、じゅぶじゅぶっとした土の感触が伝わってきます。
エゾリンドウは、ちゃあんとこの水を知っているわけです。

IMG_7434_convert_20121218213416.jpg

妙見山の紅葉もあと一歩のところ。全体に黄味が強くなってきました。
妙見山やドンデン山の、キャンプ場の朽ちかけた炊事場や、
トイレをすっかり撤去してしまったことは、佐渡市の英断だったと思います。
ないほうが、ずっとずっと素敵。
夏の夜、だあれもいないのに、こうこうと照っていたトイレの明かりに、
色とりどりの、数えきれないくらいのシャクガが集まっていたのだけは、
ちょっぴりわくわくする光景でしたけれど。

IMG_7437_convert_20121218213519.jpg

キャンプ場の、思い出の桜は、見事に色づいています。
花のころ、ひっきりなしにやってきて、ぐるりと取り囲んでいた写真家たちの姿もなく、
秋の気配を独り占めにして、悠々、深呼吸しているみたい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/484-2bc96891
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。