上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_7657_convert_20121223225849.jpg

初めてのジーンズは、古着のリーバイス501でした。
17歳のころだったと思います。
遅いデニムデビューでしょ。なんでも奥手なの。
裾が長くて、底の薄い靴だと引きずるのですけれど、それが気に入っていました。
すっかり生地が薄くなってしまって、いつお尻が裂けるかと思うと、
怖くてはけなくなりました。

20代のころはよくジーンズをはいていました。
スキニーも流行りましたけど、愛用していたのは、
やはり男物のリーバイス、616という型のものです。
腰張りで、骨盤にひっかけてはくような、大きめのサイズ感が好きです。
知り合いから、捨てるつもりだというものをいただきました。
膝がパックリ開いているくらいの、強烈なダメージ加減です。

インディゴから、ダメージ状態まで、自分ではき込んだのはエドウィン。
ホームセンターに勤めていたころ、仕事の時に毎日はいていました。
さすがにあたり具合は完璧。我ながらよくはき込んだものだと思います。
もう、あんなにひたむきに、1本のジーンズをはき続ける情熱はありません。

あちこち破れてボロボロのジーンズを、中に厚手のタイツをはいて、
冬でも着たものですけれど、寄る年波で、寒さのころには自然と手が出なくなりました。
でも、どんなにボロボロになっても、ジーンズって捨てられないんですよね。
破れたところに、お気に入りのはぎれで当て布をして、簡単な刺し子でつくろって、
隙間風が入らないように、頑丈に補修したら、
また着てみたいと思うようになりました。

IMG_7658_convert_20121223225916.jpg

IMG_7659_convert_20121223230025.jpg

残念ながら、ファーストデニムだけは、身体が入らないのです。
そのころと同じくらいまで体重を落としても、
下半身の肉の量が違うんです。
こればっかりは、つくろいようがありませんものね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/488-ec511c1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。