上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もたくさん収穫できた忘れ形見の柚子。
なんだかんだ言って、昨年は、
そのまま冬を越して、大半を捨ててしまったんです。
お母さん、ごめんなさい。わたしって、やっぱりこういう子なのかしら。
同じ轍は踏むまいと、かたく誓って、まだ青いうちからせっせと収穫して、
念願の柚子胡椒は作りました。
まだまだ残っている完熟の柚子は、砂糖との相性は抜群なのですけれど、
甘いばかりでは飽きてしまいますでしょ。
今回は、柚餅子に挑戦してみました。

佐渡では、柚子の入らない東北風の柚餅子ですら、ちょっと外国のお菓子みたいな扱いです。
柚子を用いるのは、中部地方や、石川の郷土料理とか。
大きい柚子を使うと、うまく乾燥できずに傷みやすいのだそうです。
料理用には風味の劣るといわれる一才柚子も、ちょうどよいサイズ。
母の柚子は本柚子なので、小さめのものを選びます。

IMG_7646_convert_20121225231523.jpg

頭のところで横に切って、中身をくりぬき、フタと入れ物を作ります。
くりぬいた果肉から果汁を搾っておきます。
柚子は種が多く果汁が少ないので、くりぬいてからまとめて絞るより、
二つに切ったところで搾り、残りの皮と種を除くほうが効率的です。

IMG_7677_convert_20121225231557.jpg

搾った果汁に、合わせ味噌と、味噌の1/3程度の砂糖を加えて練ります。
そのままでは水っぽいので、上新粉ともち粉を加えて練ります。

IMG_7678_convert_20121225231656.jpg

硬くなりすぎたら、みりんを加えてのばします。

IMG_7679_convert_20121225231751.jpg

かためのケーキ生地くらいの硬さにしました。

IMG_7680_convert_20121225231840.jpg

軽くローストしたクルミとごまを加えます。
わたしはナッツが好きなので多めの分量です。
ピーナッツを使うというレシピもありましたけど、やっぱりクルミが気分かな。

IMG_7681_convert_20121225231919.jpg

柚子の容器に詰めます。モチが膨張するので、少なめにします。

IMG_7682_convert_20121225231946.jpg

蒸し器に並べて30分程度蒸します。
3時間というレシピもあって、まちまちです。
最初だけコンロにかけ、沸騰してからは薪ストーブに乗せて蒸し上げました。
柚子の素晴らしい芳香が部屋中に立ちこめます。

IMG_7683_convert_20121225232016.jpg

蒸しあがると、ほら、内容物があふれ出ています。
冷めたら、中身をぎゅぎゅっと詰め直し、きっちりフタをして、
キッチンペーパーや和紙で包みます。

IMG_7684_convert_20121225232041.jpg

口を糸でしばり、この状態で、風通しの良い軒先などに吊るして、
1ヶ月以上、半分凍らせるように乾燥させれば、出来上がり。

干し物カゴに並べて、下屋下に吊るしておくと、
柚子と味噌の甘い香りが、いつまでも漂っています。
湿っぽい日本海側の冬でも、うまく乾燥するかどうか、
ちょっぴり不安ですけど、出来上がりが楽しみ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/490-14d51966
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。