上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真っ白な雪に覆い尽くされる冬は、あれやこれやの庭のアラが、
消えてなくなったような(幻想ですけど)心地がしてほっとする反面、
緑が遠い存在になってしまうみたいで、さみしくもあるものです。
わずかに雪をしのげる玄関先には、明るいカラーリーフを置いて、
せめてものなぐさめにしています。

IMG_7695_convert_20130102141310.jpg

クリスマスホーリーやマサキ、色とりどりのジャノヒゲ、
寒さに当たると鮮やかに発色するエリカなどが、
強健で、このあたりの気候にも適しているようです。

IMG_7697_convert_20130102141331.jpg

屋外では、まず花物は期待できませんので、
ハンギングバスケットに葉ボタンをぎっしり植え込んで吊るしています。
葉ボタンは積雪に弱く、地植えでは傷みがちなのですが、
寒さには強く、乾燥気味に管理すると、一時的に鉢ごと凍っても問題ないようです。

IMG_7700_convert_20130102141500.jpg

メノマンネングサやミセバヤ、ベンケイソウなどの、
日本原産の多肉植物は、耐寒性に優れていますし、
バラの花のような冬芽が愛らしい。

IMG_7699_convert_20130102141403.jpg

アルプス原産と言われる強耐寒性の多肉植物は、
幾何学的な造形美で目を楽しませてくれます。
細かい綿のような毛が、全体をヴェールのように覆っているのも可憐で、
春から秋に咲く花は個性的で楽しい。
なんと言っても多肉植物は、ほったらかしておいても、
だいたい、いい塩梅に育ってくれるのが、わたしの性分にはぴったりなのです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/495-75799435
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。