上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.23 トイレの受難
雪が早かったせいで、冬支度が思うようにはかどりません。
まあ、付け焼刃なのは毎度のことですし、
適当なところで妥協しようと気を抜いた矢先、
トイレが詰まった!!

どうぞ、汚い話が苦手な方は、この先はご遠慮ください。
思い起こせば、昨年も同じようなことが起きました。
我が家のトイレは、生ゴミ用のコンポストに、便座が乗っているような特殊な構造です。
出産時には土をかけ、時々ドラムを回すと、全体が撹拌されて堆肥になります。
固形分は便槽の下から取り出せるようになっています。
水分は、自然に最下部の受け皿に抜けて、ホースを通って屋外に排出される仕組み。
昨冬は、ホースへの抜け口が目詰まりしていて、
受け皿からあふれた汚水が床に流れ出していたのですけれど、
寒さのあまりその汚水すら凍り付いて、
数日は全く気付きませんでした。

だいたい、数日の周期で寒さは緩むものです。
汚水が溶けて初めて緊急事態を悟り、死苦八苦しながら受け皿を掃除しました。
どうしても、水分だけでなく土が落ちるので、
排水口が目詰まりしてしまうようです。
今年こそは二の舞になるまいと、受け皿もしっかり掃除したはずなのですが、
今度は、ドラムから水分が抜け落ちるようになっている、
メッシュの部分が詰まってしまったみたい。

小さな便槽に、みるみる、土と汚物と汚水のエマルジョンが蓄積してゆきます。
固形物だけだと、半年分はため込めるのですが、
水分が抜けないと、あっという間に満タンになってしまうのですね。
説明書を読みましたけど、どうしてよいのかさっぱりわからず、
ともかく下からは抜けないので、便座のところから、
杓ですくって内容物をすべて取り除きました。

自分の汚物にまみれながら、便器と格闘するのは、さすがに虚しいものです。
抜き終わると、嘘のように、水を流してもさらっと抜けるようになりました。
一時はどうなるかと思いましたけれど、
終わってみれば、それなりに、いい経験になったかしら。

IMG_7723_convert_20130115235705.jpg

問題が起こるたびに、少しずつ、
この家のことがわかるようになってきました。
家とわたしがしっくりいくようになるまで、
まだまだ、事件は起こりそうな気がいたします。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/502-1cbf854f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。