上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_7725_convert_20130121095859.jpg

外海府の方から、お年始にいごねりを頂きました。
お母様が、いご草を拾い集めるところから、すべて手作業で、
丁寧に丁寧に練って伸ばしたいごねり。
お味は申すまでもありませんでしょ。

越後では、寒天のように肉厚に固めて食べるというえご。
佐渡では見かけませんけど、確かに長岡ではそのような食べ物を見かけました。

冬季、発達したホンダワラ類の体上に発生するいご草の正体は、
エゴノリという根なし草です。
これを食用にした文化は驚くべきものです。
海藻を分解できる酵素を持っているのは、日本人だけとか。
冬の外海府は連日荒れ模様ですけど、恵み深い季節でもあるのですね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/511-f9dde5f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。