上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年 6月 8日 10:30 加茂湖・樹崎 21.8℃

このあたりの海草の開花が始まっているかどうか、
ちょっと確認しに来ました。

開花は、始まっていましたけれど、もう少しあとのほうが見頃のようです。
全草にびっしりウズマキゴカイが張り付いていて、
あまりよい状態ではありません。
ゴカイが直接海草を食べることはないのですが、
ここまで覆われてしまうと光合成が阻害される可能性があります。

IMG_9745_convert_20110613220433.jpg

この海草群落の外側のアマモ場は、2年前の台風ですっかり失われてしまいました。
今、その場所にはたくさんの実生苗が発生して、新しいアマモ場が回復しつつあります。

IMG_9754_convert_20110613220620.jpg

まだ、まばらで、弱弱しい外見です。
ここは非常に穏やかな海なので、自然にアマモが発生しているのですが、
一度失われたアマモ場が、元のような力強い群落にまで回復するのは、
容易ではない、ということがよくわかります。

IMG_9762_convert_20110613215838.jpg

岸近くにアマモの切れ端が流れ着いていました。
アマモの葉上に海藻が発生するのはよくあることですが、
これはヒドロ虫です。イソギンチャクやクラゲの仲間で、ウミヒドラと呼ばれています。
細かい種名まではわかりません。
柄の部分が硬いのが特徴だと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/57-f3d94f8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。