上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.04.21 花咲か山
下界ではソメイヨシノが散り始めました。
ヤマザクラも裾野から、
徐々に山肌を這い上がるように、ほころび始めています。

集落の入り口に立ちはだかる岩山は、
仕事の帰り道には、自然と見上げる格好になります。
まだ新緑の萌え出づるには早い、北向きの急峻な岩肌に、
風に千切れ飛び、枯れ枝に引っかかった無数の鼻紙が。

IMG_0695_convert_20140422213423.jpg

せめて残雪に見えたらよかったのに。
この鼻紙(華紙?)の木、全部タムシバのようです。
山を登って1本1本確認したわけではないのですが、
時期的に考えるとそうなのでしょう。

けっこうな数だと思います。
南向きの、日の当たる山の斜面にはほとんど見当たらないのに、
よほどこの崖が性に合うご様子です。

桜のように、遠くからの眺めが最高に美しい、
というわけではないのが残念。
ひとつひとつは、とても高貴な花姿をしておりますのに。

何年か気にして見ておりますけど、
これほどのタムシバが咲くのは、毎年ではなさそうです。
あのふくよかな花を咲かせるのは、
やはり大変なエネルギーを必要とするのだろうと思います。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hirukonoama.blog129.fc2.com/tb.php/579-8eb7dc96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。